アルファポリスから出版されている「ダンジョンシーカー」面白かったからレビューします!

現在6巻まで刊行されています。

漫画は3巻まで刊行されています

漫画版のレビュー記事はこちら:【異世界復讐譚】ダンジョンシーカーの漫画が面白い!絵柄がいい!

※ネタバレ有り

スポンサーリンク

あらすじ


高校生の武田順平はある日、幼馴染の竜宮紀子、不良の木戸翔太達と共に「神」の気まぐれで異世界へ召喚されてしまう。

勇者としてのチート召喚かと思いきや、なぜか順平だけは村人以下のクズステータス

戦闘もできない足手まといで周囲から軽んじられていた

ある日、木戸たちと紀子の裏切りにより、とある迷宮に生贄として突き落とされてしまう

そこは生還率0%の地獄のダンジョンだった

絶体絶命の状況、半ば死を覚悟した順平はしかし、そこで起死回生の奇策を思いつく。

迷宮踏破への活路を見出した最弱ダンジョンシーカーが裏切り者たちへの復讐を開始する


最弱だからこそ奇策を考え、どんな手を使ってでも敵を倒すことを考え

裏切り者たちへの復讐を胸にダンジョン攻略を目指す物語です!

簡単に言うとこんな感じかな

絶望的状況からの活路を導く力

順平が絶望的な状況から生きるための活路を導く力がすごい!

ネタバレになりますが

レベル1のクズステータスで初めての敵が「不死者の王(ノーライフキング)」危険度SSの化け物との戦闘なんです

まず異世界で最強とされる魔王が危険度Sなのに、それより強いのが一番最初の敵っておかしいでしょ!

 

順平はどうするの!?と読んでいたら

唯一あった鑑定眼の超級スキルでノーライフキングのステータスを見たときに違和感を覚え

攻撃が無効なのに脆い

これっておかしい、攻撃が無効なのになんで脆いんだ?

しかも過去に討伐例がある?

・・・もしかして

ここで順平のなかでパズルのピースがどんどん埋まっていく

 

そして最弱が最強のモンスターを倒すために奇策を思いつく

ずばり落とし穴です!

ノーライフキングは自分が攻撃だと認識していないものは無効化できない

だからこそ順平は落とし穴を使い倒すことを選んだ!

 

その後、倒した後の順平の判断がヤバイ

敵を倒すと経験値とドロップアイテム、相手のスキルをカードで得られる

ノーライフキングから出たアイテムに「全状態異常耐性」のスキルと

「不死者の肉」呪詛の塊だが、食べれば特殊な能力を得ることが出来る

 

この二つを見て順平はダンジョンの攻略が可能かもしれないと思い

スキルを獲得し、不死者の肉を食べます

 

正直グロイ・・・。

 

血涙を流しながら食べるとかどんだけよ!!

裏切り者たちへの復讐のために頭を使い、人をやめた順平がヤバい、かっこいい!!

目的のために自分を犠牲にして、なにかを成し遂げようとする主人公大好き!!!!

 

3層目の敵は神話級のさらに化け物

こんな絶望的な状況から生き残るための手段を見つけ

もしその方法が自分のカラダを犠牲にしなくてはいけいないことでも

順平は迷わず実行します

裏切り者たちへの復讐を果たすまで

 

このネジが吹き飛んでる系の頭の冴える主人公いい!!

ドキドキとワクワクが止まらない

※ちなみに言葉がギリギリアウトな気がするので「倒す」という表現を使っています。察してください!

えげつない

たまにモンスターのほうがかわいそうってなる瞬間があるんです

三つ首の魔獣ケルベロスとの闘いで

カラダを麻痺させ動けなくした後に、口の中に銃をぶっ放す。

でもダメージが与えられない

じゃあ次は火あぶりだ!と丸焼きにしようとするが毛皮からちょっと焦げた匂いがするだけでほぼ意味がない

ならこれならどうだ!と燃え盛る松明を口の中に突っ込む

数ダース分を入れて口に入らなくなったら、奥まで押し込み胃まで押し込む

そして空いた口にまた薪を入れる最後に油壷を流し込む

これを3つの首全部におこなう

 

・・・えげつない!!!!

 

まったく攻撃が通らないからって内側から燃やして倒そうとかえぐい!

でもそこがいい!!!

 

それでも倒されないケルベロスのタフさ

もう口に突っ込むところはない。

順平はケルベロスに対して「提案があるんだよ。確か、もう一つ・・・お前には穴があるよな?」※セリフは割愛させてもらいました

 

・・・まさか(´゚д゚`)

 

これを言われたケルベロスは表情が引きつった

それはそうだよね!表現をやわらげていうと顔の反対側にある穴です

えげつない!!!読んでるときに口に出してツッコミを入れてしまいまいした

 

倒した後に得られるスキルカードも使いものにならず「必要ねぇわ!ボケが!!」

さすがにケルベロスがかわいそうなってきました。

 

その後も不意打ち、闇討ち、毒などなど自分が生き残るためには

手段を選ばずエグイと思うようなことも平気でやってのける順平を私は読み続けたいと思います

 

もっと話したいけど、これ以上のネタバレはさすがにやめておきます

今後の順平の活躍は実際に買って読んでみてね!

まとめ

個人的には敵なのにクズなのに助けちゃう主人公きらい!って人にはかなりオススメです

容赦のない主人公、復讐に燃え倒す為なら手段を選ばない

なぜか、読み終わった後に残る爽快感!

・・・ストレス溜まってるのかな??

最弱だからこそエグイ方法で生き残ろうとする姿に惚れた

一度読めばクセになる面白さがあると私は思っています!

 

ダンジョンシーカーのレビューおわり!この辺で失礼します

※上がラノベ下が漫画


漫画版のレビュー記事はこちら:【異世界復讐譚】ダンジョンシーカーの漫画が面白い!絵柄がいい!