アニメ化もしている【亜人ちゃんは語りたい】が面白かったので、レビューします!

コメディあり、青春ありの亜人コメディ!稀にシリアスな場面も

かわいい女の子たちと教師の亜人コメディが見たい人はぜひ読んで下さい

現在6巻まで刊行中です!

※ネタバレ有り

スポンサーリンク

あらすじ

主人公の教師:高橋鉄男と亜人の女の子たちが面白おかしくデミ(亜人)の特徴を題材にコメディをしたり

ときにはデミ(亜人)だからこその悩みを解決したりする

激かわ亜人コメディです!

一応wikiのあらすじを載せておきます


神話やおとぎ話のモチーフとなり、かつて怪物や妖怪などと称され迫害されていた、「亜人」と呼ばれる特別な性質を持つ人間たちが、世間に「個性」として認められ、一般社会に自然に溶け込んでいる世界。現在では、社会的な弱者である亜人に対する「生活保障」が整備され、若者たちには亜人のことを「デミ」と可愛く呼称するまでになっていた。

新学期、大学時代から亜人に興味をもっていた高校の生物教師の高橋鉄男は、これまで一度も出会ったことのない亜人たちに、突如として囲まれる生活を送ることになる。おしゃべり好きでお調子者な「ヴァンパイア」の小鳥遊ひかり、頭と胴体が分離している「デュラハン」の町京子、暑さに弱い「雪女」の日下部雪といった1年生の生徒たちや、地味な服装にして異性を避けている「サキュバス」の新人教師佐藤早紀絵

彼女たちは、それぞれに「亜人としての悩み」を抱えながら日常生活を続けており、当初はただの興味の対象としか見なさなかった鉄男は次第に教師として、同僚として、彼女たちの話を聞きながら問題に向かい合っていく。本作は、日々の高校生活の中で繰り広げられる、個性的な亜人たちとの交流で織り成される学園コメディーである。亜人ちゃんは語りたい-Wikipedia


 

デミちゃんたちがかわいい!

バンパイアのひかり、デュラハンの町、雪女の雪、サキュバスの佐藤先生

この四人がかわいい(*´ω`*)

 

ひかり

ひかりが高橋先生とバンパイアの特性について話をしているときに

人から血を吸いたくなるのか?って話の後にイタズラで高橋先生が後ろを向いたときに

ペンを使って首にチクッっとしたあとの、してやったり顔のひかりがかわいい!

こんなかわいい姿が見られるなら私もイタズラされたい(*´▽`*)

 

ひかりの自宅訪問したときに、

「ほ?センセー」のときのひかりがかわいい!ペトスさん最高です!

 

双子の妹のひまりに高橋先生に家でのだらしない姿を暴露されて、責められ

ひかりがひまりに血に関する慣用句をはさみながら対抗するシーンが面白い!

最終的にどうやってセットしているのかわからない髪型について言われて

高橋先生に助けを求めた結果

「オレはその髪かわいいと思うけど?」

この一言で照れるひかりがかわいい♪

そして、さらっと言ってしまう高橋先生かっこいい(*´ω`*)

 

高橋先生がひかりの名前だけどうして呼び捨てなのかって話になったときに

小鳥遊、ひかりちゃん、ひかり、この三つの呼び方をしたときのひかりの反応があざとい!でもかわいい!

 

デュラハンの町が高橋先生とデュラハンについてお話をしているときに

頭が離れていると日常生活で困りそうだなって言われたときに

経験と創意工夫です!」って言ってる時の町の表情がかわいい!ちょいドヤ顔にも見えるかな

 

頭をハグしてもらった後のほくほくしてる町の顔が癒される(*´ω`*)

 

佐藤先生

サキュバスの佐藤先生が町と資料室で話をしているときに

町は髪を伸ばすと頭が滑る危険があるので伸ばせない話になります。

町がこのことを高橋先生にもを言ったら

おそろいみたいで良いじゃないか」といってくれた話を聞いた佐藤先生が

「いいなぁ~」「いいなぁそれ~~~~」と言いながら足をバタバタさせてるのが子供みたいでかわいかった

 

雪女の雪は高橋先生の生徒への名前の呼び方の話のときに

最後の最後に不意打ちで「雪」と高橋先生に呼ばれ

照れ隠しで「名前の呼び方なんてどうでもよくないですかね・・・?」

言っちゃうの素直じゃなくてかわいい!めんどくさかわいい!

 

他にもダジャレで爆笑しそうになるのを必死にこらえる姿もかわいい!

周りにばれないように隠す感じが好きです!

 

青春してる

学生ならではの悩みとか高橋先生のセリフとかで青春してるなぁて思うんです

ひかりの恋の話になったときに、高橋先生が

「バンパイアちゃんはお年頃なのだ」

このセリフも含め青春してるなぁと思ってしまう(*´ω`*)

 

他にも町との話で、町に頭を抱きしめてもらいたいと言われ

抱きしめてあげてるときに

「デュラハンちゃんはまだまだ甘えたいのだ」

一教師がやっていい行為なのかは置いておいて

青春部分に高橋先生が関わっているのが尊く感じる

 

雪が陰口をたたかれているのを聞いてしまい

高橋先生に助けを求めに行ったときに

私が亜人だからと亜人でなければこんな思いしなかったんじゃと悩んでしまいます

この時に高橋先生は雪を抱きしめ

「守らねばなるまい・・・亜人ちゃんを守らねば」と青春ポイントの高いイベントが発生です!

 

そしてこの時話を聞いていた、ひかりが陰口をたたいていた奴らのもとに乗り込み

青春を繰り広げます!それは読んでのお楽しみということで。

 

町がデュラハンジョークを思いついた夜に

この冗談先生喜んでくれるかな?と高橋先生を想って就寝につく町のシーンをいいですよね。

 

青春じゃないかもだけど

ひかりの妹のひまりが高橋先生と下校しているときに、

「姉の亜人の性質にはご執心ですけど、人間性については、興味ありませんか?」←セリフを要約してます

と言われた時の高橋先生の返しが、感動する!

高橋先生が初めてかっこいい大人に見えました。これは惚れてしまう!天然のタラシと言われてもしかたがない!!

 

まとめ

亜人ちゃんは語りたいは亜人の特徴を持ったかわいい女の子を見たい人や

こんなかわいい子たちの面白いコメディ要素や青春

高橋先生と佐藤先生の攻防を見たい方におすすめです!

疲れたときに読むと可愛さと面白さで疲れが吹き飛びます!

私の癒しされる漫画の一つです!

アニメがAmazonプライムで見放題なのでよければ見てください!

動きと声が加わるとさらに面白くてかわいいですよ!

 

亜人ちゃんは語りたいのレビュー終わり!!この辺で失礼します

※上が電子書籍、中がコミックバージョン下がアニメ

 



亜人ちゃんは語りたい

Amazonプライムで見放題!