ブレイクブレイド」の魅力をレビュー!かなり面白い!

ロボットで白兵戦をする面白さ!空も飛ばない、ビームも出ない、爆発もしない!けど面白い!

古代のゴーレム”デルフィング”の異常なまでの力が戦場を引っ掻き回す

 

現在16巻まで刊行中です!

劇場版にテレビアニメ化もされています

※ネタバレ有り

スポンサーリンク

あらすじ


地中から化石燃料が採れないクルゾン大陸。ここに住む人間はすべて、個人差はあるものの生まれつき石英に命令を与える能力である「魔力」を持っていた。人々は石英を利用して照明や熱源、機械の動力として活用。そして人型兵器魔動巨兵(ゴゥレム)を造り出した。

そんな世界で魔力を持たない希有な存在であるライガットは、ある日、士官学校時代の親友で現クリシュナ国王のホズルに召喚される。同じく士官学校時代の親友で現クリシュナ王妃のシギュンから知らされたのは、軍事大国・アテネス連邦の領土侵犯と、その前線部隊の隊長が3人共通の士官学校時代の親友で、アテネス軍総司令官の弟・ゼスであるという驚愕の事実だった。さらにアテネスは降伏条件としてホズルやシギュンら王族の処刑を要求していた。

動揺するライガットを、ホズルは石英採掘場に案内する。そこにあったのは、古代人が作ったロボット古代(アンダー)ゴゥレムだった。動力用石英が搭載されておらず、誰1人動かせなかった古代ゴゥレムだが、敵の襲撃に巻き込まれたライガットが偶然にも起動に成功。操縦することになる。成り行きでゴゥレムの操縦者となったライガットは、ゼスとの話し合いに臨むが、降伏条件を知らされていなかったゼスとの交渉は決裂。ライガットは逃走中に敵機と遭遇戦になり、辛くも窮地を脱するが、自分の甘さが原因で味方兵と敵兵、2人の人間を死なせることになってしまう。ブレイクブレイド-Wikipedia


魔力のないライガットが古代のゴーレム”デルフィング”の搭乗士になり戦う物語!

簡単に言ってみました!

ライガットの魅力

ライガットの魅力はデルフィングなしには語れない!

ライガット=デルフィングの魅力です!

私がデルフィングが好きなだけですけどね!

 

デルフィングが規格外!

古代のゴーレム後に”デルフィング”と名付けられる

古代人が残したゴーレム

このゴーレムには魔力を持たないものにしか乗ることができない

唯一乗れるのがライガット

デルフィングの性能が規格外だった

通常のゴゥレムで10メイルしかジャンプできないのが

デルフィングは20メイル以上を加速なしで飛べる脚力をもっている!

 

他にもパワー特化にしたゴゥレムでさえもてあました超重量の大剣を片手で扱う靱帯馬力!

スピードに特化した敵国のゴゥレムでさ追いつけないスピード!

完全にライガットたちのいる世界を無視したパワーとスピードを持つデルフィング!

 

敵のゴゥレムがデルフィングの右腕を動けないように封じようとも関係なし

押さえつけている腕を圧倒的なパワーで破壊して不利な状況を覆すデルフィング!

 

・・・強すぎる(*´ω`*)かっこいい!

 

デルフィングに刻まれていた言葉

デルフィングの胸部装甲に刻まれていた古代人の言葉がかなり好き!

運命に抗おう」

ライガットたちのこれから先起こる本来を表している言葉になっていて

運命に従うのではなく出来る限りの抵抗をして運命なんて跳ねのけろ!

この言葉が出てくるシーンがかっこいい!鳥肌が立つ!

 

デルフィングが出撃のたびに見た目が変わる!

赤い装甲を身に纏い

城壁並みの硬さを誇る装備をしているのにスピードが落ちない!

圧倒的重量を積んでいるのに他のゴゥレムよりも足が速い!

そのスピードと重量を持ったデルフィングは敵に走って体当たりしただけで

敵が木っ端みじんに粉砕される!

 

・・・恐ろしい(´゚д゚`)

 

ランスのような突起の付いたシールドみたいなものを持ち

敵陣に単騎で乗り込み仲間を救うライガット!

左手には三節棍、腰にはダガーを装着し刀まで帯刀しているデルフィングがかっこいい!

どんどんごっつくなるデルフィング最高!(*´ω`*)

破壊力も抜群!突進するだけで敵が木っ端みじんになっていたのに

さらに刺突武器を装備して攻撃力を高めているデルフィング!

敵がかわいそうになってくる!!

 

ジルグとのやり取りが熱い!

同じ部隊の仲間であるジルグ

とても優秀だが問題児でライガットと一騎打ちをするために

隊長のナルヴィを人質にとったり

仲間にゴゥレムを破壊したりとかなり危ない奴だが

戦闘技術は最強!

そんな相手と戦うライガット

ジルグとの闘いの最中に言ったライガットのセリフがいい!

・・・俺が勝ったら望みをかなえてやるって言ったよなッ!?」

「俺が勝ったら!!将軍になれッ!!!親父をこえる!!」

そしてジークのゴゥレムに一発入れるライガット!

だがデルフィングは稼働限界で停止

デルフィングから降りたライガットが

ジルグ!!勝負はまだついてねえ!!おりてこいッ!!」

降りてきたジルグに殴りかかるライガットだが

ジルグに顎に一発入れられKOされるライガット

この後にジーグが笑顔で

お前は本当に馬鹿だな・・・」とこのとき二人の間に絆が結ばれるこのシーンは最高です!

 

ジルグの最後

8巻の名シーン

ライガット、ジルグ、他の仲間が敵に捕まり

デルフィングの搭乗士をこ〇されそうになったときに

ジルグが「俺があのゴゥレムの搭乗士ライガットだ!」と身代わりになります!

 

・・・ジルグがかっこよすぎ

 

最後にライガットに残したセリフが鳥肌たちます

お前の言う通りだ・・・」

「何でも出来ると思っているし それは今も変わらない だが ひとつだけどうしても出来ない事があるとわかった」

「お前なら簡単に出来る事なんだろうが・・・俺には度し難い」

「──────────だ!」

この内容は10巻でわかります!ネタバレするか悩みましたが今回はしません!

ぜひ読んで確かめてください!

 

vsボルキュス

ボルキュス戦がかっこいい!

ボルキュスたちが城門をくぐるときに一直線になるところに奇襲をかけ

手裏剣の形をした超重量の武器を投げ

敵のほぼすべてを壊滅させるライガット

残ったのはボルキュスただ一人

一騎打ちの形となり戦う二人

 

守りに入ったライガットが押され気味になり苦戦する

そんなときジルグのことを思い出すライガット

あいつは・・・止まらなかったすべて速かった──守らなかった』

盾を捨て刀をもち守りを捨てたライガット

相手の攻撃を攻撃しながら防ぐ守るのではなく

攻めることで敵の攻撃をいなしていくライガット

そしてボルキュスのゴゥレムの両腕を切り落としマウントポジションをとり

戦闘不能に追い込むライガット

 

ボルキュスはこの時、ライガットの名前を呼び

ジルグが身代わりになっていたことを知りながらこ〇したと

遊んだと挑発してくる

ライガットは

しねッ──!!!」

ボルキュスにとどめをさし

ふはははは あッはッはッ──はははは」

「やったぞッ──!!ジルグ────!!!」

と歓喜の声を上げた後

握っていた拳が力なくくずれ悲しい顔で涙しながら

「・・・・うあ・・・」

と呟くライガット

 

・・・このシーンは泣ける(´;ω;`)ウッ…自らの強い意志で初めて誰かを〇したライガットの感情の機微が泣ける

 

シギュンがライガットを好きすぎ!

シギュンがライガットのことを好きすぎる!

4年ぶりに会ったライガットに「私たちを嫌いになったわけではないのね?」と確認した後

滅多に笑顔を見せないシギュンが笑顔でライガットに抱き着き

会えて嬉しいよ・・・ライガット」

 

デルフィングについてライガットに聞いているときに

顔を近づけすぎてライガットに

「あまり顔を近づけすぎないでもらえます?私も「男」なんですよ?」

と言われ一歩引いた後に「「男」ねぇ~フッ!」余裕を見せるが

立ち去ったあとに顔を真っ赤にしているシギュンがかわいい!

 

ライガットにほっぺを「ふにゅ」ってされてもなすがままのシギュンかわいい!

ライガットになら触れられてもいいってことだね!

 

クレオに脅し

敵兵の女の子であるクレオを捕虜にしてシギュンの部屋に軟禁していたら

クレオがシギュンの護身用の銃を奪い脱出を試みる途中でライガットの存在に気づき

撃とうとしますが弾は入ってなくライガットは無傷だった

それを見ていたシギュンはクレオに

今度ライガットを傷つけようとしたら許さない!」

と言うシーン最高です!どんだけライガットのこと好きなのシギュン(*´ω`*)

 

出陣当日

ライガットが出陣する当日シギュンは昔の夢を見る

ライガットが学校をやめ、自分の前から居なくなってしまった日の夢を

そんな夢を見たシギュンは静かに怒りながらライガットの部屋の前に

怒ってない・・・けど・・・怒ってる」

「貴方に落ち度はない」

怒ったままのシギュンにライガットは

このまま死んだら夢見が悪いからな・・・どうしたら機嫌直してくれる?」

そしてシギュンは

「無事に帰ってきたら・・・怒るのやめる・・・」

と涙目で言うシギュンがかわいすぎる

ライガットが愛されていてうらやましい!!!(*´Д`)

 

ライガットとデート

ライガットをデートに誘うシギュン

だけど特に行き先を決めていないシギュン

ライガットが「服でも買いに行くか?」

というが「別にいらな」とまで言った後に

俸給も出たし安いのなら」とライガットが服を買ってくれると気づいたシギュンが

・・・買う服」

この時のシギュンかわいい!ライガットに買ってもらえるなら行くのが最高

 

そのあと似顔絵かきに二人の絵を描いてもらい

・・・これ私がもらっていい?」

後で欲しいって言っても返さないからね

とライガットと一緒にいる思い出の品として大切にしようとするシギュンかわいすぎます!

 

まとめ

デルフィングの規格外の性能

従来のゴゥレムよりも圧倒的なパワー・スピード

敵に体当たりしただけで木っ端みじんにするデルフィング強すぎて好き!

ライガットも農民で戦闘技術も全然だったのにジルグに出会い

戦闘技術が高くなったライガットが最高

デルフィングをしっかりと扱えてる!!

 

シギュンがライガットを好きすぎるのが良い!学生時代からずっとライガットを好きだったのが最高

もっとイチャイチャしてくれ!

 

ブレイクブレイドのレビュー終わり!この辺で失礼します

※上が電子書籍バージョン下がコミックバージョン