魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?」の漫画のザガンが怖いけどかわいい(*´ω`*)

闇オークションで魔王の遺産が出品されていた

その中の一つの白い奴隷エルフのエフィに一目惚れしたザガンは全財産金貨100万で購入!

 

だが録に人とのコミュニケーションをとっていなかったザガンはネフィにどう接すればいいか分からずに

恐ろしい言葉で接して後悔するザガンが可愛くてしょうがない(*´▽`*)

 

心を開き始めたネフィとザガンの関係が尊くて好きです!

 

マンガは現在1巻まで刊行中です

原作は6巻まで刊行中です

※ネタバレ有り

スポンサーリンク

あらすじ


悪の魔術師として人々に恐れられているザガン。

魔術の研究をしながら領内の賊をぶっ飛ばしながら過ごしていた

ある日、魔王のうち一人が息を引き取り、遺産が闇オークションに出されることに

その闇オークションで白い奴隷のエルフ:エフィに一目惚れしたザガンは

財産をすべてを使い購入するが、口下手でコミュニケーションを全然取っていなかった彼は

どう接すればいいかわからない。

愛し方が分からない不器用な魔術師ザガンと主人を慕うがその気持ちを伝える方法が分からないエフィ

不器用な二人のファンタジーラブコメディ。


不器用な二人が不器用ゆえのイチャイチャ繰り広げる物語!

簡潔にまとめてみました!

 

ザガンが怖いけどかわいい

魔術師ザガンは容赦がない!

自分の庭で人を襲っていた魔術師を邪魔だという理由で容赦なく倒す←表現をやさしくしてます(*´▽`*)

など怖い面もあるザガンだがネフィに出会ってからはとてもかわいい面も見せるように

 

口下手だったりと周りに誤解されやすく

闇オークションでエフィを購入したときも

こいつにはせいぜい いい声で囀って貰わねば困るからな・・・」

と発言して会場中のものがドン引き

内心は『まずはきちんと話してみたい・・・。』

とかわいいことを考えているのに

しかも自分の発言でドン引きされていることに気づいてないザガンがかわいい(*´ω`*)

 

案の定ネフィも勘違いして

どのような〇され方ををされるの・・・でしょうか?」

と自分の命をあきらめちゃってるよ(;^ω^)

 

ネフィの誤解を解いたザガンだったが

では・・・なぜわたしは買われたのですか・・・?」

と聞かれ

お前が知る必要はない」

すごみながら言うザガンだが内心は

言った発言への後悔とネフィに対することで心の声が落ち着かない

この外と内のギャップがかわいすぎるよザガン(*´▽`*)

 

ネフィの部屋

ネフィが使う部屋に向かう途中、階段の段差で足を滑らせたネフィを

抱きしめさりげなく手を握る

手を握ていることに気づいたザガンが顔を真っ赤にして心臓をバクバクさせるとこもかわいい(*´ω`*)

 

部屋に到着してが部屋の中にあったのはギロチン

あせって変な言い訳をしたザガンはギロチンを処分するために

いきなり攻撃魔術をぶっ放しエフィを驚嘆させる

これにはザガンも内心で反省(;^ω^)

 

朝食

朝食を食べるためにエフィの分も一緒に持ってくるザガン

おはようございますとネフィに言われ

どう返せばいいのか分からず

・・・食事を持ってきた食べるがいい!」

とまた怖い顔でいいザガン

そしてすぐに落ち込んで

『挨拶もちゃんとできないのか俺は・・・』

この不器用なとこが本当にかわいい(*´ω`*)

 

そしてネフィと共に食事をするザガンだったが

ネフィに「ご主人様までおなじものを食されるのが不思議で・・・」

と言われ自分の食べているものが質素だと初めて知るザガン

 

ネフィはザガンがぽそっと呟いた一言を聞き意を決し

わたしがなにか作りましょうか?」

あまりの驚きと嬉しさに立ち上がり

『手料理!』

と天を仰ぎながら顔を真っ赤にするザガンがかわいすぎ

そしてすぐに街に買い物にいこうとするザガン

・・・どんだけネフィの手料理が食べたいの!?ネフィのこと好きすぎでしょ(*´▽`*)

 

野盗

街に行こうとする最中に野盗に襲われている連中に遭遇する二人

ザガンは始め関わるつもりは一切なかったが

ネフィが怯えているのを見て安心させてあげるために

野盗どもに攻撃魔術を放つ!

あんなものは塵芥だ」

と言い野盗を倒していく

まさかの筋骨隆々の男の一撃を片手で受け止め敵の斧を握りつぶして壊すとは思わなかった

魔術師なのに近接戦も強いとか無敵過ぎない?

 

野盗なんかに怯える必要はないと見せるために

ネフィ」

「俺の後ろにいろ」

・・・これはかっこよすぎる!ザガンのかっこいいシーンまでみれるとか最高(*´▽`*)

 

野盗にやとわれた魔術師が出てきてザガンと勝負をする

敵は炎で魔法陣を描くがザガンは炎を消し

さらには相手の魔法陣の主導権を奪い

自分のものにしてしまう!

敵は自分描いた魔法陣の魔法で塵一つ残さず消滅

・・・うっそ(´゚д゚`)ザガン強すぎない?

 

残った野盗に

どうした?かかってこい」

「奪うからには奪われる覚悟もできてるのだろう?」

と今まで一番怖いザガンが顔を出す

あまりの怖さに野盗たちはゴールデンウォーターの池を作る

 

ネフィも驚きのあまり固まって動かないでいる

それを見たザガンは失敗したか?と焦り

見ての通り野盗というのは人畜無害な塵芥だ」

「軽く撫でてやれば大人しくなる」

と言いだす焦るザガンにさっきの怖さは一切なくてかわいい(*´ω`*)

 

助けたものたちの荷馬車に乗り待ちに一緒に向かう二人

そこでネフィになぜ助けたのかと問われ

心の中では

『気を引くチャンスなのでは?』と考え甘い言葉を考えるが

実際に口からでた言葉は

思いあがったゴミどもに身の程を教えてやっただけのこと」

・・・ザガンーーーー!せっかくのチャンスを(*´Д`)

けどザガンを見るネフィの顔にはどこか優しい笑顔のようなものがあり

もしかして本心じゃないって気づいてるのかな?

 

二人が尊い

ザガンとネフィの二人の会話が尊い(*´ω`*)

 

自分の命を大切にしていなかったネフィがザガンに

俺はお前が必要だから買ったんだ」

「だからそう死ぬ死ぬ言うな」

と言われたネフィ

初めて自分を必要だと言ってくれたザガンに

必・・・要・・・・・」

「わたしが・・・ですか?」

と聞き返す

ああだからまずは俺のために生きろ」

このシーンの二人のやり取りは最高です!尊いとはなんか違う気もするけど

良いシーンの一つです

 

ありがとう

部屋を用意するくだりのシーンで

部屋を用意してくれたザガンに

ありがとうございます」

とお礼を述べるネフィ

ザガンは

礼など言ってもらったのは ずいぶん久しぶりだと思ってな」

「わたしも ずいぶん久しぶりに言った気がします」

「そうか・・・」

この時の二人の優しくて温かい表情と月を見る二人の背中が尊くて好き!

このワンシーンは心が温かくなるシーンです

 

二人で食事

街の飯屋での食事のときに

生まれてからずっと質素なものしか食べていなかったネフィが初めて普通の食事をすることに

フォークでプチトマトを食べようとするが

刺さらずつるんと逃げてしまう

耳を真っ赤にしながら恥ずかしがるネフィは

スプーンを手に取りプチトマトを口の中に

 

口の中で転がすが味がしなくて困惑するエフィ

ようやく噛み美味しいと笑顔になるエフィがかわいすぎ

 

ザガンもプチトマトを食べようとするがフォークから逃げるプチトマト

それを見たネフィはスプーンでプチトマトザガンの口元に

・・・どうぞ」

間接キスしてもいいのか!?と言った感じに心の中で叫ぶザガンだったが

ネフィからのあ~んを受け入れ食べる

恥ずかしがる二人

ネフィはザガンに

ご主人さまのお役に立ちたいと思うことをお許しくださいますか?」

と心を開き始めるネフィ

ザガンも優しい顔で「許す ネフィの望むようにすればいい」

 

といったところでザガンのフォークに捕まるプチトマト

今度はザガンがネフィにあ~んをしてあげることに

真っ赤になりながらも食べるネフィ

・・・この二人食事するだけで尊いとかどういうこと!?

あ~表情筋が緩む(*´ω`*)

 

ネフィが作る朝食

ネフィが朝食を作るが

ザガンの分しか作っておらず

なら半分に分け合おうと一緒に食事を取ろうとするが

椅子が一つしかなくザガンは

ではここに座るがいい」

と自分の足を叩くが

言った直後にかなり恥ずかしいことを言ったと自覚し真っ赤になるザガンとネフィ

 

断ろうとするネフィだったが

なぜか意地を張ったザガンが座るように言い

ザガンの足の上に据わるネフィ

このときの二人がかわいすぎ(*´ω`*)

 

ザガンがネフィに食べさ

仕返しとばかりにネフィがザガンにスープを食べさせる

最後にザガンが

あったかいな」

「はい?」

「あっ いやスープがだぞ?」

このセリフにネフィも

「はい・・・あったかい・・・です」

 

ただイチャイチャしてるだけと違って

今まで二人とも人の温もりを感じずに生きてきた感じだから

初めて心許せる相手とのふれあいに人の温かさを感じてるシーンな気がして

かなり尊い(*´ω`*)

 

ついでにネフィの耳が嬉しいとピコピコ動くのかわいかった(*´ω`*)

 

まとめ

「魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?」のマンガの二人が可愛くて最高!

まさかヒロインのネフィよりもザガンのほうがかわいいとは思わなかった(*´ω`*)

 

恐ろしい面も持っているがネフィの前ではとてもかわいいザガン

表にはなかなか出さないけど心の声がかわいすぎる

ネフィも話が進むにつれてどんどん可愛くなって

ザガンに褒められて耳がピコピコ動くのかなりかわいい(*´ω`*)

 

これからも二人が不器用なりに愛を確かめ合っていく姿を見たいと思います

 

魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?のレビュー終わり!この辺で失礼します

※上が原作ラノベ下がコミック