ウォルテニア戦記」の漫画の主人公が容赦ない!

異世界に召喚された御子柴亮真が召喚した者たちに害されようとしたので

躊躇なく敵を亡き者にする容赦のなさ

 

戦いにおいて類まれな才能をもち覇王としての道を進む姿がかっこいい!

これで16歳とは思えない(*´▽`*)

 

漫画は現在4巻まで刊行中です

原作は現在12巻まで刊行中です

※ネタバレあり

スポンサーリンク

あらすじ


異世界に召喚されてしまった高校生:御子柴亮真

召喚したオルトメア帝国は召喚したものを使いつぶす最低の最悪の国だった

彼は召喚したものたちを殺しオルトメアを出奔し冒険者に───

ある日、盗賊に襲われていた双子の姉妹を救った亮真は

「法術」と呼ばれる力をもつ二人のご主人様に!?

この出会いをきっかけに覇王としての道を歩み始める───


異世界に召喚された主人公が己の戦の才能と腕で覇王として歩む物語!

簡潔にまとめてみました!

 

御子柴亮真という男

主人公の御子柴亮真が強すぎる!

祖父に身も心も鍛えら信じられない戦闘能力をもった男

 

いつも通り屋上で弁当を食べていた亮真が突然、異世界に召喚される

周りには召喚者であろう男と鎧に身を包み武器を持った男達

殺気たつ男達を前に亮真は祖父の教えである

何かを守りたければ敵に容赦するな」

を思い出し相手の不意を突くために笑顔でお弁当を差し出す

その行動に一瞬不意を見せた男に襲い掛かる亮真

その攻撃には容赦がなく平和な日本で暮らしていたとは思えないぐらい

あっさりと4人の兵士を素手で亡き者にしていく

 

1人目にやられた兵士の倒され方がエグくて亮真の容赦のなさが垣間見えて好き(*´ω`*)

やわらかい表現で伝えると、人が物を見るための部分を攻撃して怯んだところを首元に肘撃ち!

 

最後に召喚者であるガイエスが法術を使えないように右肺を攻撃してから

質問を始める亮真

・・・高校生とは思えない肝の据わり方してる(´゚д゚`)

 

質問に答え時間稼ぎをして

肺が癒えるのを待っていたガイエスが法術で亮真を倒そうとするが

すぐに気づいた亮真は膝蹴りでガイエスを亡き者にする

 

亮真は外に出るために敵の鎧を身に纏い敵の血を使い怪我人を装い医務室へ

運んできた兵士と医者を倒し

残った医師を拘束して建物から出る方法を聞き出し

医師の人生を終わらせる

自分が確実に建物から出るために容赦なくやっていく亮真にしびれる(*´ω`*)

 

ローラとサーラとの出会い

盗賊に襲われていた戦奴隷の双子の姉妹ローラとサーラを一人で助ける亮真

まず1人目の首をチャクラムで攻撃

2人目を剣で倒し

持っていた剣を地面に刺し

3人目を拳で倒し

4人目はチャクラムで首を攻撃

地面に刺していた剣を手に取り5人目を切り伏せる

残った最後の一人を右こぶしで終わらせる

・・・チャクラムとか剣で敵を倒せるのはわかるけど、拳一発で敵がさよならするのが怖すぎる(*´Д`)

どんだけ強いの!?

 

二人を助けた亮真だったが倒したと思っていた盗賊の一人がポーションを飲んで回復して

サーラをさらい馬で逃げていく

残されたローラにお願いさえれ血盟を結ぶ亮真

これにより新たなご主人様を得たローラが法術を使い

風の刃を繰り出し馬の動きを封じる

馬の下敷きになった盗賊の男

紅月団だとかなんとか言って手を出したらただじゃすまねぇぞ!

これに対して亮真は目からハイライトを消し

バカかお前?」

「お前を〇せば誰が〇したかなんて分からないじゃないか」

「分かってるだろ?死人には何も出来ないさ」

盗賊の男を始末する亮真の容赦なさがかっこいい(*´ω`*)

 

人生哲学

別の場所に行こうとした亮真たちだったが国境が封鎖されていた

亮真を捕まえるためにオルトメア帝国のシャルデナ皇女が封鎖を命じていた

亮真たちが国を出るためには北の森を抜けなくてはいけないが

シャルデナ皇女率いるサキュバスナイツが亮真、確保のために北の森で待ち伏せをしている

 

亮真は敵が北の森で待ち伏せしているであろうと相手の行動を読み

どちらが狩られる側か教えてやろうとする

北の森でわざと敵の副団長、斎藤(日本人)に捕まる亮真

敵の部隊が集まる場所に連れていかれ

斎藤に始末されそうになるが

死ぬのはお前らだからな!」

言葉を合図にサーラの法術が放たれる

他の兵士たちはローラの法術によって始末され残されたのは

シャルデナ皇女と副団長、斎藤のみ

 

初めはヤルつもりだったが

このまま戦えばローラとサーラを失う可能性があると

シャルデナたちを見逃し行こうとする亮真を

斎藤が引き留め質問をする

平和な時代の日本から召喚されたお前が何故平然と人を〇せるのか聞いている!

ここで亮真の人生哲学が聞ける

長いので一部分だけ紹介

俺が戦う事を選ぶのは相手を〇す覚悟を決めた時だけだ」

ホントにここのセリフはかっこいい(*´▽`*)

亮真という人間が容赦なく人を倒せるのかよくわかるシーンです!

 

これを聞いた斎藤は驚愕の表情を浮かべてるからね(;^ω^)そりゃそんな顔するよね

 

亮真は腕っぷしだけでなく頭も回る本当に戦をするために生まれてきたような男です!

 

ローラとサーラ

戦奴隷のローラとサーラ

亮真に助けられ血盟を結んだローラ

サーラとも血盟を結んでほしいとお願いするローラだったが

断る亮真それどころかローラにも

仕えてくれなくていいよ」

このセリフを言われたときのローラとサーラがかわいい(*´ω`*)

 

ガ~ンと落ち込み涙目ではらはらしながら

そんな・・・私たちがお嫌いですか?」

この双子かわいい(*´ω`*)

さらにサーラは涙目で振り向く感じで

そうじゃなくて・・・?」

美少女のこれは反則だと思う!!かわいすぎる(*´Д`)

 

やきもち

同じ仕事を受け新たに仲間になったリオネとボルツ

リオネに気に入られた亮真がアプローチをかけられ

あたしを呼ぶときは呼び捨てでいーぜっ」

と言いながら亮真にキスをしようとするリオネ

これを見た二人は

!?」

「だっ駄目───ッ」

とリオネを亮真から突き放す!

さらに顔を赤くして

だだだだ駄目です ぜったい不意打ちなんてッ」

と必死な二人がかわいい(*´ω`*)

 

じゃあと不意打ちじゃなきゃいいんだとリオネが

亮真を二人きりで飲もうと誘う

これに対して双子は

だめ──っ合意の上でもだめ──っ!!!」

必死になって止める二人がかわいすぎる(*´▽`*)

亮真が口を挟むと

ご主人様はちょっと黙ってて!!

と他の女に取られないように必死な二人が本当にかわいいです(*´ω`*)

 

ローラ

自分だけ亮真から仕事をもらえずに

落ち込むローラの元に亮真が現れる

「少し大事な話があるんだけどさ」

と言われ落ち込んでいたのもあり勘違いしたローラは

も・・・もしかして おいとまですか・・・?」

涙目になるローラ

さらに「戦奴隷なんてお嫌いですよね!」

と鍛え上げられた筋肉をモリモリさせながら落ち込むローラがかわいい(*´ω`*)

 

そのあとに亮真からローラにしかできない仕事を任せたいと言われ

パアァァと顔が明るくなり笑顔になるローラがさらにかわいい(*´▽`*)

 

亮真に優しくされるが

逆にその優しさが辛いとなくローラ

ご主人様に信用されてないんじゃないかって・・・

と不安になるローラだったがリオネに

亮真にどれだけ愛されているかを聞かされるローラ

それを聞いて吹っ切れたローラが

私は奴隷だから やっぱり愛される必要なんてないのです」

と笑顔でリオネに言う

そして亮真の横に並び歩きながらいい笑顔で

イエス マイ・ロード!」っていうシーンの二人が尊い(*´▽`*)

 

サーラ

サーラはちょっとアホの子なのがかわいい(*´▽`*)

 

脳筋という言葉の意味が分からず亮真に聞く

考えるよりも常に体が動くとか直情的で考えなしの・・・」

目をキラキラさせて聞くサーラを見て亮真は

つまり思い切りがいい奴って事だ!良くも悪くも!」

という答えを聞いて

よくもわるくも!ですね!」

そのあとローラに

私が無理やり奴隷にさせられてたらどうする?」と聞かれ

「〇してでも奪い取る

このサーラのアホの子っぽいとこがとてもかわいくて好き!

亮真も脳筋=サーラだと気付いたから言葉を変えたんだろうね(;^ω^)

 

第一王女の話を聞いて理解できなくキメ顔で

・・・姉様?」

とローラに聞きドヤ顔で

なるほど理解!!」とキラキラするサーラがほんとかわいい(*´▽`*)

このアホの子の異常なかわいさはなんだろう?ホント好きです!

 

まとめ

ウォルテニア戦記の漫画がかなり面白い!

亮真の強さと容赦のなさが描かれていて

ちょっとエグイシーンもあるけど絵でしっかりとエグさと怖さが表現されていて面白い!

 

ローラとサーラと亮真の仲がどれくらい進展するのかも気になります!

早く続きが読みたくて仕方ないです!

 

ウォルテニア戦記のレビュー終わり!この辺で失礼します

※上が原作ラノベ下が漫画