ギリギリアウト」おもらしが結びつける二人の秘密の関係が面白い!

緊張するとおもらしする呪いに掛かっている:宮ケ瀬花と

宮ケ瀬の身体に触れると尿意を鎮めることのできる目立ちたくない:徳山大宇宙(ソラ)

この二人が目立たないようにこっそりと、おもらしのピンチを脱しながらイチャコラするラブコメ!

 

6巻で完結しています

※ネタバレあり

スポンサーリンク

あらすじ


成績優秀でアイドル並みの容姿を持つ宮ケ瀬花には緊張するとおもらしをしてしまう秘密があった

そんな彼女の前に現れた尿意を鎮める能力を持つ男?徳山大宇宙(ソラ)

彼に触れると尿意が途端に収まってしまう!

宮ケ瀬花の秘密を守るため二人はこっそりと手を繋ぎ尿意を鎮め絆を深めていく


おもらしする女の子の秘密を守るためにがんばる物語!

簡潔にしてみた(*´ω`*)

 

おもらしが結ぶラブコメ!

宮ケ瀬とソラの二人がおもらしで絆を深くしていく話が面白い!

 

クラスの投票で学級委員長をすることになった宮ケ瀬

学級委員長に選ばれ尿意が込み上げてくる

宮ケ瀬はソラに側にいてもらうために副委員長にソラを指名する

 

宮ケ瀬が言うならとクラスが納得してソラが副委員長に任命される

ソラ本人は目立つのを嫌うのでイヤがっているが

黒板に名前を書くソラ

徳山大宇宙

本人はこれでソラと読みますと言った後に

 

先生が

じゃあ副委員長は徳山マ・・・」

と言おうとしてソラに口をふさがれる

小声で

先生!それは秘密だって言ったじゃないですか!」

 

先生とソラの話が聞こえてきた宮ケ瀬は

秘密?

と二人の方を見ると

身体が当たる距離感で仲良さそうに話す二人を見て

胸が痛くなる

ソラくんと先生 仲いいのかな?

べ 別にいいもん私とソラくんにだって秘密くらい・・・

と対抗意識を燃やすがおもらしの秘密で全然素敵じゃないと落ち込むと

 

顔を真っ赤にして

って・・・これじゃ私 嫉妬してるみたいじゃない

ソラくんとは そういうんじゃないんだから

とソラを見るとまだ先生と仲良さそうにくっついているのを見て

 

むっっとして教壇をダンッと叩き

「先生!ふざけてないでHR続けますよ!」

二人のイチャイチャを阻止してテキパキとHRを終わらせていく

 

一段落ついたところで忘れていたことを思い出す宮ケ瀬

足がガタガタと震えだし尿意が彼女を襲う

手・・・握って・・・」

とソラにクラスメイトに見られないように手を差し出すが

 

クラスメイト全員の目の前で手なんか握れるかとためらうが

宮ケ瀬が助けるためにクラスメイトの見えない教壇の下で

宮ケ瀬の手を握るソラ

・・・みんなの前でこっそりと手を繋ぐシチュエーションがいい(*´▽`*)

完全に嫉妬しているのに自分の気持ちに気づいていない宮ケ瀬がかわいい

 

体育祭

先生が体育祭で1位になったら焼肉をおごってくれると言うことで

やる気を出すクラス一同

どの競技に誰が出るかを決める話合いで

 

リレーのアンカーになった宮ケ瀬

宮ケ瀬のクラスは1位をキープしていたが

最後の競技リレーを前に別のクラスに1位を取られてしまう

 

リレーで勝てば逆転優勝できる状況、期待するクラスメイト達に

宮ケ瀬は緊張して尿意が込み上げてくる

尿意がギリギリのままリレーに出場する宮ケ瀬

 

2位でバトンを受け取るが尿意が限界まで来ていてうまく走れない

このままでは走りながらもらすことになってしまうと

宮ケ瀬はものすごい勢いで1位を走っていた陸上部を抜き1位でゴールする

 

優勝できた喜びで宮ケ瀬を胴上げするクラスメイト達

だが宮ケ瀬の尿意は限界

胴上げの衝撃でもらしてしまうと思ったとこに

ソラが駆けつけ胴上げ中の宮ケ瀬の身体に触れると

 

尿意が引っ込んでいくが

胴上げ中なので手が離れると尿意が来て

触れると収まる

 

この繰り返しで色んな意味でギリギリになる宮ケ瀬

ソラは宮ケ瀬を胴上げから救うために

宮ケ瀬をライバル視しているクラス女子の黒部に

宮ケ瀬だけじゃなく おまえも頑張ってたよ!胴上げさせてくれ」

 

なんとか宮ケ瀬と黒部を入れ替えさせピンチを脱出する二人

その後、焼き肉屋で優勝お祝いをするクラスメイト達

ソラのところにお肉がないともっていこうとする宮ケ瀬だったが

 

ソラにしっしっと来んなと遠ざけられ

むっ何よ・・・

と思っていると

黒部がソラの元にお肉を持っていく

 

ソラと仲良くしようとする黒部の行動を見て嫉妬した宮ケ瀬は

徳山くん!お肉持ってきたよ」

と対抗意識を燃やす

・・・色々な意味でギリギリアウトな状態になった宮ケ瀬が色っぽかった(*´ω`*)

ソラの優しさに触れ黒部がソラに惹かれ始めたことで話が面白くなりそう

それだけ嫉妬してるんだからソラが好きだって気づきなよ(;^ω^)

 

風邪で休み

風邪で学校を休むソラ

絶望する宮ケ瀬だがソラがいなくても大丈夫だと自分を奮い立たせる

昼休みトイレに行こうとするが

 

先生にプリント運びの手伝いを頼まれる

先生と歩きながら質問をする宮ケ瀬

・・先生は徳山くんと仲いいでよね」

先生は

特別仲いいなんてことないよ」

「んー・・・たまに悩みの相談受けるくらいかな」

 

宮ケ瀬はプリントを持つ手をぎゅっと強く握り

悩み・・・?

私にはそんな話しない・・・

自分の知らないソラを知っている先生に嫉妬する

 

先生は宮ケ瀬はソラと仲がいいのかを聞くと

えっ・・・ふ普通です」

「で・・・でも秘密は・・・あります」

と先生も知らないソラと自分だけの秘密に嬉しくなりながらも

対抗意識を燃やす宮ケ瀬

 

結局トイレに行けず授業を受ける宮ケ瀬は限界を迎えていた

問題を解いてくれと宮ケ瀬が先生に指名され

黒板に書きに行こうとするが

で・・・出ちゃう・・・!!

と立ち上がり動きが止まる

 

すると教室の扉が開き病院に行き遅れてきたソラが現れる

ソラは宮ケ瀬を見るなりもらしそうだと気づき

彼女の元に近寄っていき先生に

宮ケ瀬さんが体調悪そうなので保健室連れて行きます」

 

と宮ケ瀬を教室の外に連れ出し扉の向こうで手を繋ぎ合う二人

宮ケ瀬は顔を赤くしながら

ソラくんは私のピンチにはいつも助けに来てくれるね・・・

と心の中でつぶやく

 

このままトイレに行って終わりかと思いきや

ソラがくしゃみをしたことで手が離れ

おもらしをしてしまう宮ケ瀬は

私・・・ソラくんがいなくてもひとりでトイレ行けるように頑張る・・・

と泣きながらソラに誓うのであった

 

・・・自分の知らないソラを知っている先生に嫉妬して

悩みとかの話をしてくれないソラとの距離感に悲しくなったりする宮ケ瀬がかわいい(*´▽`*)

完全に恋する乙女じゃんなぜ気づかない!

みんなに隠れて手を繋ぐのが素晴らしいです!

 

ソラを追いかけて

クラスメイトの琴美がソラを友達の誕生会に誘う

「一緒の方向のバスだし家近いんでしょ?

宮ケ瀬は二人のやり取りを見て

 

ソラくんと琴美ちゃんって案外つながりあるんだ・・・

と胸がズキッと痛くなる

勇気を出しソラにどこから来ているのか聞くが

 

どこでもいいじゃん

と秘密にするソラに

ソラくん秘密ばっかり・・・

と頬を膨らませ むうっとする宮ケ瀬

 

次の日の放課後

ソラの家を突きとめ、家族と仲良くなりソラの事を知りより親密になるために尾行する

バスに乗るソラと宮ケ瀬

バスにはソラだけでなく、クラスメイトの琴美たちも乗っていた

 

バスが揺れた衝撃でソラが座っている席にダイブする琴美

琴美に席を譲り琴美と世間話をするソラ

そんな二人を見て、ぬ~~と嫉妬する宮ケ瀬

 

目立つの嫌なのに琴美ちゃんとは あんなに話すんだ

嫉妬の炎に身を震わせるがすぐに

私 何やってるんだろう

と気持ちを落ち着かせる

 

ソラはバスを降り電車に乗り換え、電車を降りると自転車に乗って帰宅する

ここまでバス電車とソラを追いかけトイレに行かずにいた宮ケ瀬の尿意はギリギリ

だが諦めず自転車に乗るソラを走って追いかける

 

ここまで来たんだ」

「絶対ソラくんの家をつ・・・突き止め・・・」

土手に掛かる夕日を背景にガマンが出来ずにダムが決壊する

 

宮ケ瀬は号泣しながら

見失うし おもらしするし・・・

私は何をやってるんだろう!!

・・・夕日を背景にダムが決壊するのはなんかいい(*´▽`*)

なんか神々しい輝きを放っていたいろいろと

もっと親密になるためにソラの家を突き止めようとしてるんだから

ソラが好きだって認めなよ(;^ω^)

 

次の日ソラが悪いわけではないのに不機嫌でぶす~とした顔の宮ケ瀬がかわいい(*´▽`*)

 

まとめ

「ギリギリアウト」おもらしが二人の絆を深めていくラブコメが最高です!

少々マニアックではあると思いますが、必死にガマンする女の子はかわいい(*´▽`*)

ソラが他の女の子と話すだけで嫉妬しちゃう宮ケ瀬がかわいすぎる!!

 

尿意をガマンする女の子が見たいマニアックの方はぜひ読んでみてください!

必死にガマンする女の子はグッとくるね(*´▽`*)・・・私もマニアックすぎるな(;^ω^)

 

ギリギリアウトのレビュー終わり!!この辺で失礼します

※上が電子書籍バージョン下がコミックバージョン