神達に拾われた男」の漫画が面白い!

寝ている時の4回のくしゃみが原因で死んでしまった:竹林竜馬

過酷な人生を歩んでいた男が三人の神達により異世界へ転移して新たな人生を歩んでいく

 

原作ラノベは現在6巻まで刊行中です

漫画は現在3巻まで刊行中です

※ネタバレあり

スポンサーリンク

あらすじ


中年サラリーマン竹林竜馬は、就寝中のくしゃみが原因で死亡する。死後、三柱の神により、異世界へと転移する。手厚い加護を貰い、とりあえず森で一人暮らしを始めるが、後に侯爵家との出会いで、ギムルの街での生活を開始する。神からの加護と、森での生活時からのスライム研究を基に、商売を行ったり、様々な問題を解決したりと活躍していく。神達に拾われた男-Wikipedia


異世界転移した男の日常を描いた物語です!

一言にまとめてみました(*´ω`)

 

異世界で人生をやり直す

ブラック企業勤めで最愛の母を失うなど

過酷な人生を送ってきた男:竹林竜馬が異世界でリョウマとして人生をやり直す

 

ガナの森に7歳の子供の身体で転生したリョウマ

3年間、森に引きこもり様々な種類のスライムたちと生活してある日

スティッキースライムたちの餌の確保のために狩りに出る

 

森の中に5人の男、一人は大きなケガをして横たわっていた

リョウマはケガをした男を助けようと薬を渡す

薬のおかげで一命を取り留めた男と仲間たちを助けるために

 

自宅に彼らを案内する

追加のポーションを彼らに渡すとお礼をと言われるが

いや・・・作れるので いくらでも」

というと

 

全員が驚く、街で売っているポーションと変わらないものを

子供が作ることができる事実に驚かされる一同

彼らはリョウマのことを知るべく

 

事情を聞くと一人で森に住んでいることを知る

僕よそ者 村では嫌われ者で・・・」

リョウマを心配する彼らは持ち歩いていた

 

小型確認水晶でリョウマのスキルの中で1番高いレベルから4つを映し出し

戦闘系のスキルが高ければ安心できるとリョーマのスキルを調べる

水晶に手を触れると青く光りスキルが浮かび上がる

 

浮かび上がったスキルを見て男たちは驚愕する

精神・肉体の苦痛耐性が9Lv・8Lvと高すぎることに

6Lv以上で達人並みなのに

10歳の子供が高すぎる苦痛耐性を持っていることで

一体どんな環境に置かれていたのかと

・・・ブラック企業に努めて、子供の頃に父親から暴力と言える稽古をつけられ

最愛の母を失う悲しみを味わった男だからね

それぐらいのレベルはいってるよね”(-“”-)”

 

新たな出会い

彼らと別れてから2週間後

新たな面々を連れて彼らがリョウマの元に出向いてくる

彼らの一人貴族のラインハルトの家族と使用人たちがリョウマの前に現れる

 

妻のエリーゼ

父のラインバッハ

娘のエリアリア

使用人のセバス・リリアン・アローネ

 

リョウマは彼らを1500匹のスライムと共にお出迎えする

あまりの多さに

1500!?それ部屋に入るのかい?」

と心配する彼らに

 

今は解決しました」

と1500匹のスライム合体させ

ビックスティッキースライム1匹にして見せる

 

彼らはリョウマがビッグスライムと従魔契約していることに驚く

ビッグスライムなどの一部の上位種のスライムとは従魔契約が出来ないなずなのにと

リョウマは彼らに従魔契約が意味ないと

多数のスライムの集まりだから

従魔契約は1度に1匹が条件だから

 

核が一つだから勘違いしやすいが

100匹以上のスライムとの同時契約になるからできなくて当たり前だと説明すると

感動でリョウマに飛びつくエリーゼ

 

ビッグスライムとの従魔契約はこの世界で長い間、研究されていたが誰にもわからず

誰もが諦めかけていた謎をリョウマは解いてしまったいた

彼らが「テイマーギルドに登録して発表すべきよ」

と盛り上がっているの聞き

 

リョウマは真剣に森を出るいい機会かもしれないと考え

街か・・・」

と呟くと

高レベル精神・肉体苦痛耐性持ちなのを知っている彼らは

リョウマを気遣うが本人に自覚がないので困惑してしまう

・・・趣味でスライム研究をしていたら、この世界の歴史的な謎を解明してしまうとか

すごすぎるリョウマ!

苦痛耐性に自覚がないから微妙に話がかみ合わないのが面白い(*´ω`)

 

スライムの進化条件

エリアリアがスライムと初めての従魔契約をするために

森に用事があったと知ったリョウマは

彼らにスライムがいる場所を教えてあげる

 

リョウマは彼らに出した食器などを片づけようとすると

メイドさんたちが

「それは私たちがやります!!」

とリョウマを気遣い片づけをしようとするが

 

リョウマは

スライムと・・・一緒にやるので すぐ終わります」

とクリーナースライムを呼ぶ

クリーナースライムが何を手伝うのか興味を持った

メイド・エリアリア・エリーゼの四人にクリーナースライムの力を見せる

 

世で一番落ちにくいと言われるゴブリンの汚れが付いた腰布を

クリーナースライムに食べさせると

汚れを食べ新品同然の状態になる腰布

 

さらにクリーナースライムに手を突っ込むリョウマ

「手!溶けちゃう!!」

と心配する面々に

「汚れのみ食べますから人間はもちろん動物の肉も命令しないと食べないです」

と綺麗になった手を見せながら話すリョウマ

 

エリアリアはクリーナースライムと従魔契約をしたいと思い

リョウマにクリーナースライムの捕まえ方を聞く

エリーゼは

エリアリア!そんな無茶な───」

とエリアリアを落ち着かせようとするが

 

分かっていますが・・・」

とリョウマからスライムの進化条件を知っているという

まさかの発言を聞き驚愕する

 

スライムは謎の多い生物で進化条件もわかっていない

ビッグスライムに続きすごい発見をしていたリョウマ

スライムの進化条件は食事」

と彼らにスライムの進化条件を教えると

 

エリアリアはクリーナースライムの嗜好を聞いてくるが

リョウマは女性には言いづらいと言葉が出なくなってしまう

男連中に助けられクリーナースライムの条件を伝えると

 

確かにそれは言いづらいな」

となる中でケガをしてリョウマのポーションで助けられた男ヒューズが

ま なるようになるんじゃね?」

とエリアリア達に超ストレートに

お嬢 体洗え!そんで汗で汚れた水を餌にして おびき寄せろって」

 

パーンとヒューズの頬に綺麗な紅葉が咲いた

この条件を聞いてもエリアリアの意志は変わらずクリーナースライムと従魔契約をするために

リョウマの家のお風呂を使いその湯でクリーナースライムと従魔契約を成功させた

・・・スライムの進化条件という大発見までするリョウマ(*´▽`*)

クリーナースライムの条件を伝えるのに戸惑う紳士なリョウマがかわいい!

ヒューズはデリカシーがなさすぎるから仕方のない結末だよね(;^ω^)

 

一緒に旅に出る

エリアリアたちと共に旅にでることに決めたリョウマ

初めて街に来たリョウマ

最大の商業都市ケレバンを見たリョウマは一瞬感動するが

いるのは人のみで亜人がいない

 

東京の街並みに慣れているせいで感動のしようがなかった

だがエリアリアは違った初めて見る大きな街に大興奮

一人で走って行ってしまう

 

はぐれると危ないですよ」

とエリアリアの肩に触れ彼女を止めるリョウマだが

彼女は止まらない

 

リョウマはエリアリアを一人にしないために彼女と共に行動する

とある出店を見ていると

エリアリアに向かって歩いてくる男

 

リョウマはわざとぶつかろうとしている気づき

ぶつかる直前でエリアリアの身体を抱きかかえ

スリから彼女を身を守るリョウマ

 

大丈夫ですか?ぶつかりそうだったので・・・」

エリアリアの顔を覗き込みと

顔と顔が触れ合いそうなほど距離間にお互い照れて

 

距離を置こうとするエリアリアは足元をふらつかせ

転倒しそうになるがリョウマがエリアリアの手を握り

転倒は免れる

 

だがエリアリアの後ろにいた男が

なにしてくれてんだっ このくそガキ!」

と切れて襲い掛かってくる

・・・器の小さい男だ”(-“”-)”

 

リョウマはエリアリアを守るために男の右腕を勝ち上げ

左腕を掴むと背後に回る

男はバランスを崩し顔から地面に叩きつけられそうになるが

 

リョウマが男の腰ひもを掴み転倒は免れる

お怪我はありませんね?」

10歳の子ともに圧倒され威圧され

 

すっすみませんー!!」

と全速力で逃げる

・・・前世で身体を鍛えていたから、身体能力も高い!

大人の男を軽々とあしらいエリアリアを救うリョウマかっこよすぎ(*´▽`*)

 

一日の終わりに宿で長いこと馬車に乗っていて足が疲れたエリアリア

打って変わって平然としているリョウマ

メイドの一人がリョウマに

馬車に乗られた経験がきっとお有りですよね?」

と聞かれ

 

リョウマは

いえ・・・乗ったのは初めてです 曳いた事はありますけど」

バイトで

と転生前のことを思い出していると

 

リョウマの言葉を聞いた彼女たちは

大量の荷物の乗った荷台を鞭を打たれながら曳くリョウマを想像していた

・・・この微妙に話がかみ合ってないとこは面白い(*´ω`)

 

従者の人たちと同じ部屋になったリョウマは

彼らに夕食までは自由に出歩いてもいいと聞かされ

協会に行きたいと場所を聞く

 

だが協会はこの時間ではしまっていていけないと知り落ち込むリョウマ

代りにと携帯用の神像を作るのはどうかと提案される

リョウマはそっさく石像を買ってきて神像を作り出す

 

セバスさんを含む従者の人たちの前で3人の神像を作る

出来上がった神像はあまりの精巧さに

大人の男達を熱中させるのであった

・・・リョウマの作ったもので誰かが喜ぶのを見るのは嬉しい(*´▽`*)

 

ギムルの街

ギムルの街に到着したリョウマはステータスボードを発行して

テイマーギルドに登録するがリョウマの実力が認められずランクを上げることが出来ない

リョウマの高い能力がよからぬ者たちに悪用されないためにも

 

ランクを上げ地位を手に入れるべきだとラインバッハ言われ

テイマーギルドは認められないとわかると

ラインバッハは

「冒険者ギルドに行こう!」

冒険者ギルドでランクを上げてもらおうと冒険者ギルドで試験を受けることになるリョウマ

 

エリアリア達みんなの期待に応えるために全力で挑む

弓を構えものすごい速度で的を射っていく

全てが真ん中に当たる

 

リョウマの実力を目の当たりにして驚くエリアリアたち

ラインハルトは

我々はリョウマ君の実力を過小評価していたようだね・・・」

とリョウマの実力に驚く

 

次の試験では転移者が作ったクレー射撃の弓バージョンをすることに

出てくる的は50個、50本の矢でどれだけ命中させられるかで成績が決まる

的が飛び出すと

 

リョウマは不規則に飛ぶ的に向けて流れるように身体を動かし

的のど真ん中を射抜いていく

最後に4つ同時に的が飛び出してくると

 

矢を4本同時に撃ち全ての的に射抜いていく

50個中50を命中させたリョウマ

試験が終わったと一息つくリョウマの背後から

試験管を務めていたギルドマスターが投げナイフを放つ

 

リョウマは背後からの攻撃に反応してナイフを掴み

ギルマスに投げ返す

追撃をするためにアイスニードルでギルマスに攻撃を仕掛けようとするリョウマ

 

ストップ」

というギルマスの言葉で武器を収めるリョウマ

弓使いにはちょっとした警告のつもりでやっていることをしたら

反撃されて驚くギルマス

・・・リョウマ強すぎる(´゚д゚`)

弓の使い方が異常なだけでなく背後からの攻撃にまで対応できるとか強すぎ!

 

ゴミ処理の依頼

冒険者ギルドに登録でき

初めての依頼で家のごみ処理をするリョウマ

依頼された家に行くと

猫人族の女の子ミーヤが出てくる

 

家の地下にゴミ捨て場の壁が壊れゴミが流れてきてしまっていて

大変なことになっていた

リョウマはスライムを使い地下を掃除していく

 

スカベンジャースライムにゴミを食べさせる

1時間後には地下のゴミとゴミ捨て場のゴミを全て綺麗に食べつくしていた

ゴミを片付けるだけでなく

 

スカベンジャーとクリーナースライムの

消臭液噴射で汚れと臭いを落としていく

そしてリョウマが偶然作り上げた水魔法

ミストウォッシュで洗い流していく

 

最後の仕上げと壊れた壁もしっかりと修繕するリョウマ

たったの3時間で綺麗になった地下を見て驚くミーヤ

リョウマの両手を握り涙を流しながら

ありがとう」

「本当にありがとうにゃたすかったにゃ~」

と心から感謝するミーヤ

・・・よかったねミーヤ(*´▽`*)

5年も住んでようやく解放されてよかった!

 

敵は病原菌

ミーヤの依頼の報告が終わるとギルマスに呼ばれるリョーマ

ギルマスに街の共同トイレの汲み取り槽の清掃を依頼される

 

30個ある汲み取り槽の一つを掃除していると

スカベンジャースライムが700から倍の1400まで増殖して

病気耐性がLv5からLv7にまで上がる

 

Lv5で命の危険がある重病に耐えられる

Lv7の病気は疫病

汲み取り槽で疫病が発生していた

 

リョウマはすぐさまギルマスに伝えに行くと

そこにはエリアリアたちも一緒にいた

好都合だ

と疫病のことを伝える

 

エリーゼがリョウマのことを心配するが

リョウマは自分の心配をしているとは思っていなくて

病気になる心配はないですと伝えると

違うの!!」

「リョウマ君は大丈夫だよね」

と優しくされ照れるリョウマ

・・・リョウマかわいい(*´▽`*)

 

汲み取り槽の掃除を続けようとするリョウマを心配するエリアリアたちを

説得するために自分のスキルを見せ説得する

宿に帰るとリョウマは念のために宿を変えるというと

 

泣きだすエリーゼとエリアリア

エリアリアは大泣きしながら

私も・・・嫌です・・・一緒にいたいですぅ・・・」

女性陣の一人きりになるのを許されず強制的に一緒にいることに・・・。

 

翌日9人の病気耐性もちの冒険者を汲み取り槽に人が近づないようにするための

見張り役として協力を依頼して汲み取り槽の掃除をするリョウマ

鑑定の力で疫病が「イケダ病」だとわかると

 

外にいた冒険者に伝え特効薬の作り方を教えギルマスに伝えてもらう

これで掃除に集中できるとスカベンジャースライムを使い3時間で

汲み取り槽を一つ綺麗にする

 

あまりの速さに驚くミーヤたち冒険者

昨日スライムが分裂したので もっと早く終わるようになりました」

と1匹しかいないスライムにミーヤが

「・・・・?1匹にしか見えないにゃ・・・」

リョーマが内緒ですがと笑顔で

「・・・実は1464匹の塊です」

と伝える

ええええ───!?」

と驚愕するミーヤたち

 

残り26本

ミーヤたちと交代で別の冒険者が来る

彼女たちはリョウマに魔力回復ポーションを渡す

1本につき2000回復するポーションを

10本飲むリョウマ

 

冒険者平均魔力2000~3000の十倍の魔力を持つリョウマに驚く彼女たちだった

3日目残り10本になったところでスカベンジャースライムが3033匹となり合体させ

キングスカベンジャースライム3匹にして暴飲暴食のスキルであっという間に終わらせていく

 

4日目の朝にはすべての汲み取り槽の掃除が終わる

リョウマは朝日を身ながら帰宅する

前世でのことを思い出し自宅に帰っても一人

 

だがこの世界では

お帰りなさいリョウマ君!」

エリアリアたちがリョウマを出迎える

その光景を見た時リョウマは懐かしさを感じる

母親が「お帰りなさい」と出迎えてくれた

家族との温かい記憶

・・・30本の汲み取り槽の掃除を4日で終わらせる手際の良さ!

仕事が終わり家に帰ってきたとき

お帰りなさいと出迎えてくれる家族だと思える人たちに出会えて良かったね( ;∀;)

 

魔法の訓練

エリアリアと魔法の訓練をすることになったリョウマ

下級の攻撃魔法を1度見ただけで全て覚えてしまったリョウマ

教えることがなくなりどうしようかと悩んでいると

 

セバスが空間魔法を教えてくれることに

中級魔法であるワープを一発で覚え次に

魔獣などを飼うことができるディメンションホームを覚えることに

 

ディメンションホームのイメージをセバスから聞き

試してみるがなかなか上手くいかない

日が暮れ始めるころになんとか成功させ

 

キラキラした笑顔でセバスに

ありがとうございます!すっごく嬉しいです!!」

年相応の反応を見せるリョウマがかわいい(*´▽`*)

 

エリアリアたちの元に戻ると

ラインバッハに覚えた魔法を見せて欲しいと言われ

魔法を使って見せるリョウマ

 

火・水・風・土・雷・氷の攻撃魔法を見せ

時空魔法のワープとディメンションホームを見せると

エリーゼにほっぺをぐりぐりなれながら

本当にすごいわ!」

エリアリアは口の前に手をやり

リョウマさんすごい・・・」

と呟くように褒めたたえるのだった

・・・・一日で大量に魔法を覚えてさらには

難しいとされるディメンションホームまで一日で覚えるリョウマはすごい(*´▽`*)

 

まとめ

「神達に拾われた男」の漫画が面白い!

絵がとてもきれいなので見やすくてわかりやすい

心が動くときの描写がとてもいい(*´ω`*)

絵だけで感動できる!

 

人の優しさに触れられる心が温まり目頭が熱くなる作品です!

リョウマが今後どんな活躍をするのかがとても楽しみです

 

神達に拾われた男のレビュー終わり!!この辺で失礼します

※上が原作ラノベ下が漫画