となりのヤングジャンプに連載中の「社畜と幽霊」1巻読んでみたら面白い!

社畜の背山とかまってほしい幽霊

超常現象や恐怖体験をしても怖がるどころか、幽霊に文句言ったり

幽霊より仕事が終わらないことのほうが恐怖を覚える背山が面白い(*´▽`*)

 

幽霊の失敗したときの何とも言えない表情が好きです!

 

現在3巻まで刊行中です

※ネタバレ有り

スポンサーリンク

あらすじ


社畜:背山が残業で一人会社に残り仕事をしていると

かまってほしい幽霊が現れる

怪奇現象を起こし背山を驚かそうとするが・・・・。

社畜と幽霊が送るギャグホラー


社畜と幽霊のやり取り

社畜:背山と幽霊のやり取りが面白い!

 

真っ暗な会社のオフィスで一人残業をする背山

あと一息で終わるとコーヒーを飲む

カップの底には髪の毛がびっしり

だが気がつかない背山

 

作業を続けていると悪寒がしてスーツの上着を羽織ると背後に幽霊の姿が

!」

背山は作業していたデータに表を入れ忘れていたことに気づく

幽霊は華麗にスルーされる

 

背山に気づかせるために幽霊は彼の肩に手を置こうとするが

バァン

勢いよくデスクを叩きトイレに向かう背山

脅かすつもりが逆に脅かされる幽霊

 

どうしようか考える幽霊の目に背山のパソコンが目に入る

背山がトイレから帰ってくると

パソコンの画面には不気味な文章

 

何だ・・・これ・・」

「マジかよ これオレか??」

「データは残ってるマジで疲れてんな・・・」

「んじゃ お疲れさん」

と怪奇現象にまったく気づかない背山はそのまま帰る

幽霊は気づいてくれない背山を呆然と見つめるだけだった

・・・社畜にとって怪奇現象は自分の疲れからくる何か

気に留める余裕すらないんだね( ;∀;)

幽霊が驚いたり、私だよと自分を指さしたりとなんかかわいい(*´▽`*)

 

幽霊どころじゃない

社員の原田と共に残業する背山

寝ないようにするために原田が背山に話しかけてくる

幽霊とか信じます?」

「この会社出るらしいんですよね」

 

背山は「・・・何?お前見たことあんの?」

「僕はないですね」

と原田が言い

いようがいまいが関係ねぇん・・・?」

と言おうとしたとき

ものすごい力で押さえつけられているかのように腕が全然動かなくなる

 

腕が普通に動くようになり、おかしな現象に眉間にシワを寄せていると

パソコンの画面に砂嵐が起き幽霊が映し出される

原田がワクワクしながら

何ですか何ですか」

と聞いてくるが

 

原田に気づかれるわけにはいかないと

彼に罵声を浴びせ作業に戻らせ、自分のデスクに戻ると

天井からぶら下がっている幽霊

 

がっつりと目が合い背山は頭の中で考える

この体験を原田にバレたら仕事どころではなくなると

背山は「スー」と息を静かに吐き出すと

 

幽霊にメンチを切りながら

今は幽霊どころじゃないんだよ

と心の中でブチ切れて仕事を進める

まさかの反応に唖然とする幽霊なのであった

・・・心霊現象が起きて目の前に幽霊が出てきてるのに

考えるのは仕事のことって(*´Д`)

社畜にとって幽霊なんてなんのそのってこと?

 

思わず言うことを聞く幽霊

残業で会社に泊まり込む背山

ソファのある会議室で眠ろうと横になると

毛布の中に幽霊が

 

一瞬驚く背山だが鬱陶しいと言わんばかりに

追い出そうとするが、退く気配がない

知らんオレはもう寝る

と目を閉じ幽霊を無視して寝ようとする背山

 

相手にされなくて悲しそうな顔をする幽霊は

アプローチを変え、背山の腹の上に立つ

それでも無視して寝ようとする背山

 

幽霊は最終手段と背山の首に手をかける

首を絞める手を払いのけ飛び起きる背山

ウエホッゴホッ」

「それはやったらダメだろ」

「それは 絶対 やったらダメなやつだろうが!!」

「ホントそれだけは二度と許さんからな」

「いいから寝かせてくださいお願いします」

と説教とお願いをする背山の迫力に押し敗けて

わかったか?」

と言われコクリとうなずいてしまう幽霊

・・・まさかの幽霊に言うことを聞かせる背山

幽霊が引くっていう展開が面白きです(*´▽`*)

 

私じゃない

残業中の背山は気持ちをリセットするために

コーヒーを買いに自販機へ

紙コップに注がれるコーヒーは溢れ出すほど注がれる

 

故障したのかとコップを取り出すと

髪の毛が絡みついている

幽霊が自販機の陰から背山を見ていた

 

「チッ」

「てめーが片付けろ!!」

と怖がるのではなく切れる背山

 

紙コップのコーヒーは諦め隣の缶コーヒーを買う背山

当たりくじ付きの自販機で初めてもう一本当たる

そして出てきた飲み物は真っ黒ば缶

 

何の印刷もされていない缶

また幽霊の仕業かと彼女のほうを向くと

首を横に振り私じゃないと訴える幽霊

 

後日ミスプリントだと判明するのだが

幽霊の起こす怪奇現象よりも人間の起こしたミスのほうに驚き

目が冴え仕事がはかどる背山であった

・・・幽霊の行動にまったく動じなくなり、怒りをあらわにする背山

人為的なミスのほうが驚くとか逆でしょ!?(´゚д゚`)

首を横に振る幽霊がかわいい(*´▽`*)

 

幽霊がかわいそう

仕事に支障がでるという理由で幽霊対策を考える背山

パソコンに悪さをさせないために

悪霊退散が画面いっぱいに描かれた壁紙にする

 

まさかの効果があり幽霊は仕事中の背山に近づけない

ウ・・・ウッウッ・・・」

と顔を両手で覆いながら泣く幽霊

 

横でずっと泣き続ける幽霊がうるさいので

幽霊を黙らせるために

この書類に目通してサインでもしとけボケ!」

と要らないプリントを幽霊に渡す

 

書類を受け取った幽霊は

地面に広げペタペタと呪いの文字や手形を付けていく

仕事が終わった背山は幽霊のほうを見るとすでに消えていた

 

残ったプリントを集めると無表情のままシュレッダーにかける

これを陰から見ていた幽霊は、ショックの表情を浮かべる

・・・一生懸命サインしたプリントを躊躇なくシュレッダーにかけられる幽霊がさすがにかわいそう(~_~;)

幽霊対策が仕事に支障が出るって理由なのは色々おかしい(*´Д`)

幽霊よりも背山のほうが怖い気がしてきた・・・。

 

幽霊に安心する

自宅で寝ている桧山の元に一本の電話がかかってくる

元カノからの電話だ

軽い世間話をした後に

 

私達 まだ付き合ってるよね?」

と言ってくる元カノ

背山は冷や汗を流しながら小声で

いや・・・あれから連絡とか・・・してなかったし・・・自然・・・消滅的な・・」

 

言った直後、会社から外出できるようになった幽霊が背後に現れる

かまってと言わんばかりにちょっかいを出してくる幽霊に

お前いいかげんにしろよ」

と怒鳴る

 

元カノは自分に対してだと思い

お前・・・?そっか・・・わかりました」

と電話を切る

 

直後、「ピンポーン」

と背山の部屋のインターホンを鳴る

まさか・・・今・・・

顔を真っ青にして元カノが扉の前にいるのではと恐怖する

 

ドアの前にいきのぞき穴を覗くとそこにいたのは

幽霊!

お前かよビビらせんなクソが」

「あ───よかっ・・・・」

とドアの前にいたのが幽霊で安心するが考え直し

よくねぇよ帰れ」

と切れるのであった

・・・元カノが電話直後に家の前にいたら怖いけど

幽霊がいても怖いでしょ(´゚д゚`)!!

 

背山は幽霊よりも人間のほうが怖いんだね(~_~;)

 

まとめ

社畜と幽霊が面白い!!

幽霊をまったく怖がらず鬱陶しい奴、程度にしか思っていない背山と

どうにかして怖がらせてかまってもらおうとする幽霊のやり取りが面白い!

 

他にもめっちゃ仕事できる有能なタヌキの幽霊や外国の幽霊なんかも出てきたり

幽霊が見える変態なお兄さんとか個性的なキャラが出てきてかなり面白い!

 

幽霊が時折すごく可愛く見えます(*´▽`*)

 

社畜と幽霊のレビュー終わり!!この辺で失礼します