「暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが」の漫画が面白い!

職業:暗殺者のアキラが勇者よりも圧倒的に強いが

強さを隠し暗殺者のように振る舞うアキラ

国王の陰謀を暴くが冤罪を着せられ迷宮へ逃げ込み

国王への復讐を誓い力をつけるため迷宮を突き進む

 

漫画は1巻まで刊行中です

原作は3巻まで刊行中です

※ネタバレあり

スポンサーリンク

あらすじ


存在感の薄い高校生:織田晶は、クラスメイトと共に異世界に召喚されてしまう

全員に能力が付与され、昌は暗殺者の力を手に入れるが

暗殺者の力が勇者の力よりも圧倒的に強かった───

昌は暗殺者の力で国王の陰謀を暴くが、冤罪を着せられ迷宮に逃げ込む

力をつけ国王への復讐を果たすために迷宮の奥へ突き進む───


 

アキラが最強

主人公:アキラは勇者よりも圧倒的に強かった

 

異世界に召喚されたアキラ達は能力を得ていた

ステータス・オープンの言葉で自らの能力を見る一同

アキラのステータスは

生命力1800

魔力700

攻撃力1200

防御力800

気配隠蔽のスキルがMAX

になっていた

 

この数値がどれ位の強さなのか分からないでいたが

ステータスを読み取り表示する魔法具によりクラスメイト達のステータスが晒されていく

クラスメイトのステータスはアキラのステータスよりも桁が一つ少なかった

 

あまりにも弱いステータスを見て自分のステータスを知られるのはマズイと

気配隠蔽のスキルを使い自分の姿を隠す

勇者である司のステータスが自分よりも強ければ晒すのもありだと考えていたが

 

勇者のステータスも暗殺者であるアキラのステータスを上回るものは一つもなかった

自分のステータスだけが異様に高いと気づきそのまま身を隠すことにするアキラ

・・・この世界での攻撃力は戦闘職でも500が限界なのに倍はあるアキラどんだち強いの(´゚д゚`)

 

ステータス確認が終わるとアキラ達の前に国王が現れる

アキラはスキル交渉術の力で相手の考えていることが少しわかる気がして

国王たちに違和感を感じる

 

アキラは一人クラスメイト達から離れ誰もいない掃除もされていない

部屋を見つけ自室として使うことにする

装備を調達するために武器庫に忍び込み準備を整える

 

翌日、国王の命令で王国騎士団長:サランと副団長:ジールがアキラ達を訓練することに

サランと目が合い愛想笑いをするアキラだが

気配隠蔽を発動中だったので見られているのは気のせいだと思い

 

国王の命令に従いたくないアキラはその場を離脱する

蔵書室に行こうとしていたとこで後ろから声を掛けられる

どこに行くつもりだい?」

 

魔眼もちのサランにはアキラの姿が見えていたのだ

アキラはサランに話しをしようと言われ話をすることに

サランはアキラの使っていた気配隠蔽のスキルのレベルが気になり聞いてみると

 

MAX」

かなり驚くサランは少し考えると

アキラにスキルの上げ方闘い方を教えることに

スキルレベルMAXは伝説の初代勇者しかたどり着けなかった領域

 

そこにたどり着いているアキラ

サランは国王の陰謀を阻止しようとしていて

アキラを暗殺者として鍛え仲間にしようとしていた

・・・伝説の勇者しかたどり着けない領域にたどり着き

ただ一人だけサランから直々に訓練をされるとか、アキラはどんだけ強いの!?

 

ミノタウロスを相手に

1ヶ月の訓練後、迷宮に潜ることになったアキラ達

サラン、ジールを含んだ騎士団と共に迷宮を降りていく

初めは戦えていたクラスメイト達だったが

 

楽勝だと調子に乗っていた一人が壁のトラップを起動させ

大量のネズミ型の魔物が襲ってくる

あまりの多さに戦意喪失者が増え足手まといになるクラスメイト達

 

まともに戦えているのは騎士団とアキラ、司ぐらい

一旦引くことを決意するアキラとサラン

サランは勇者たちの退路を作るため

 

スキル「天剣」で道を開く

アキラを残したクラスメイト達は全員が上の階層に走るが

上の階にも魔物がいたが司が持っていた魔物避けの煙玉で魔物を避けながら進んでいく

 

アキラ達も撤退しようとしたとき

上の階から悲鳴が聞こえる

急いで行くと迷宮深部にしかいないはずのミノタウロスが司たちを襲っていた

 

アキラはミノタウロスの前でしゃがみ込んでいる司たちを助けるため

ミノタウロスの振り下ろされていたこん棒を足場に飛び

首元に短剣を突き刺すが

 

ミノタウロスの硬さにダメージを与えられず短剣が砕けてしまう

騎士団が駆けつけミノタウロスを引き付けている間に退却するように言われるアキラ達

ミノタウロスから離れた場所で司の回復をしながらで騎士団の戦いを見ていると

 

騎士団の攻撃はミノタウロスに全くダメージを与えられていなかった

自分もミノタウロス戦に参加したいがケガを回復中の司を守るためアキラは離れられずにいると

クラスメイトたちが

ここはいいからサランさんたちの応援行ってこいよ」

 

クラスメイト達に司を任せサランたちの元に合流したアキラはサランに

俺は”アレ”を試したい」

自らが生き残るためにスキルを使おうとするアキラ

 

ミノタウロスは騎士団長であるサランが全力を尽くしても倒すのが難しい相手

アキラ君 君の力を貸して下さい」

アキラとサランが力を合わせミノタウロスを相手する

 

アキラは足に力を込め、その場で跳躍しミノタウロス頭上を飛び背後に回る

サランが「光雷」を発動すると

ミノタウロスに雷に似た光の柱が落とされダメージを受ける

 

今です!!」

サランの掛け声でアキラは影魔法を発動する

サランの光魔法「光雷」で生み出された強い影を利用して

敵の背後から影魔法を発動させる見事なコンビネーションを見せる二人

 

アキラの影魔法はミノタウロスの身体を絡み包みこんでいく

───引きずり込め」

ミノタウロスに身体に絡みついていた影は引きずり込もうと

 

身体をきつく縛り上げ、頭を残しミノタウロスの身体を影の中へと飲みこむ

騎士団でも倒すことのできない相手を影魔法一つで倒してしまうアキラ

・・・強すぎる(´゚д゚`)サランの助けがあったとはいえ影魔法強すぎない!!

暗闇で使うのにうってつけの魔法、暗殺者って感じで好き(*´▽`*)

 

まとめ

「暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだが」の漫画は

絵のクオリティが高く戦闘シーンでの描写がかっこよすぎる(*´▽`*)

 

アキラが国王に嵌められサラン殺しの冤罪で罰せられるときに

王都を逃げた時の一枚絵がかっこいい

文字と合わさってすごく好きです(*´ω`*)

 

漫画は序盤のプロローグ終わったあたりまでだけど、かなり面白いです

迷宮で国王への復讐のため力をつけていくアキラの今後の活躍が楽しみです!

 

暗殺者である俺のステータスが勇者よりも明らかに強いのだがのレビュー終わり!!この辺で失礼します

※上が原作ラノベ下が漫画