「上野さんは不器用」アニメを見て面白かったので1巻を買ってみたら面白い!

不器用な上野さんが後輩の田中に想いを伝えるために

自らが作った発明品で遠回しに告白するも

鈍感すぎる田中は全く気づかない

 

素直に告白できない上野さんと鈍感な田中のやり取りが面白い!

さわやかなエ〇が面白さを引き出している(*´▽`*)

 

現在5巻まで刊行中です

2019年1月からアニメが放送中です

※ネタバレ有り

スポンサーリンク

あらすじ


とある中学校の理科室が主な舞台。科学部の部長である 上野 は意中の後輩である 田中 に想いを告げるため、彼女自らの発明品を駆使して遠回しに不器用な告白を試みるも、鈍感すぎる田中のせいでいつも失敗してしまう。

上野の遠回しな「告白」は、ろ過した自分の尿を田中に飲ませようとしたり、自ら着用している発電スパッツを田中にまさぐらせようとしたりと、奇抜な作戦で田中を恋の罠に陥れようというものばかりである。しかし、田中のリアクションは予想外のデリカシーの無いものばかりで、上野は毎度翻弄される。

上野の作戦は大抵失敗に終わるのだが、ごくまれに田中の予想外な行動によりお姫様だっこや恋人繋ぎをされるといった嬉しいハプニングに至ることもある。しかし、その場合も上野は赤面して退場してしまい、結局何も進展らしいことは起こっていない。上野さんは不器用-Wikipedia


不器用な上野さんが遠回しに告白するも鈍感すぎる田中のせいで失敗に終わるラブコメディです!

簡潔にまとめてみました(*´ω`*)

 

上野さんと鈍感すぎる田中

上野さんと田中のやり取りが面白い!

 

ある日の科学部で上野さんは

究極の携帯型ろ過装置「ロッカくん」を完成させる

世紀末級のドブ水ですら大地の泉レベルまで浄化することができるロッカくん

 

上野さんは田中に想いを伝えるためにロッカくんを使い

自らのおし〇こをろ過して飲むよう田中に勧める

ちょっとそれ仕舞ってくださいよバッチいなぁ」

田中は飲むことを拒否する

・・・まぁろ過してもおし〇こだからね(~_~;)

 

仕方ないと上野さんはもう一人の女子部員:山下に飲ませようとする

部長それセクハラです訴えます」

案の定、拒否されるが

 

分かった山下 それ飲んだら百円やろう」

山下は躊躇せず一気に飲む

上野さんは次は田中の番だと飲まそうとするが

 

なんでそんなに僕に飲ませようとするんですか」

と田中の質問に上野さんは顔を赤くしながら

おまえに飲んでもらいたいからに決まってんだろ!!」

 

勇気を振り絞り言うが

エッだからなんで?」

まったく気づかない田中!!

・・・差し出しているものがアレだけど、このセリフ聞いたらもしかして!?

ぐらい思ったりしないのか田中(´゚д゚`)

 

山下にも鈍いと言われ

改めて上野さんの言葉の意味を考える田中だが

「単に嫌がらせしたいってことですか?」

 

見当違いの答えを導き出す田中に

顔を赤くして照れより怒りが増した上野さんが

なんでもいいから飲めよぁ!!」

 

意地でも飲ませようとするが

田中は上野さんのおし〇こを汚いと連呼して拒否する

「おまえ汚い汚い言い過ぎだろバカヤロォ!!」

地面に両手をつき大泣きする上野さん

・・・好きな人に汚いと連呼され、女のとしても傷つくかわいそう

と思うんだけど、おし〇こ連呼してたり飲ませようとしたりしてたんだよな(;・∀・)

 

泣く上野さんの背中をさする山下が

上野さんの想いをフォローして田中に伝える

ろ過された上野さんのおし〇こを差し出し

 

どうするかは先輩が決めてください」

田中は

「・・・いや飲まないけど」

 

これでも拒否する田中に上野さんだけじゃんなく山下もキレる

田中はなんだ告白されてもボーっとしてんのか」

田中は告白されたことないと告げると

 

「今 ほぼされてんだよ現在進行形で!」

怒りと恥ずかしさの入り混じった形相で上野さんが訴えるが

エッ!誰にですか!?」

これでも気づかない田中に

もう〇ねよ おまえ!!」

・・・恋愛感情が死んでいるのか田中は?ここまで言われて気づかないってすごすぎる(*´▽`*)

 

特に活動がないならと帰ってしまう田中

上野さんと山下は地面に寝転がる

田中の文句を言う二人

 

上野さんは最終的に顔を両手で覆い

でもあーいうとこが好き!!」

田中への想いは途絶えなかった

・・・最後に軽く悶える上野さんがかわいい(*´ω`*)

 

匂い無香化

上野さんは匂いを無香化させる薬を開発する

それにより24時間、汗の匂いがしなくなった上野さんは

田中に自分の足を嗅がせる

 

田中は意を決して足の匂いを嗅ぐ

全然臭くない!!」

上野さんは喜び

だらぁ!!?」

上機嫌で田中に足の匂いをかがせ続ける

・・・だらぁってなに!?可愛すぎるんですけど(*´▽`*)

 

田中は全身の匂いも消えているのか気になり質問すると

消えていると言われ気になり

上野さんの全身の匂いを嗅いでいく

 

お腹、脇、うなじ

最後に口臭も消えているのかと

上野さんに口を大きく開けさせ嗅いでいく

 

まさかの田中の積極的な行動に顔を真っ赤にして動揺した

上野さんは田中の頭を殴ると部屋の隅でうずくまる

心配した山下が声をかけると

 

耳まで真っ赤になって両手で顔を覆う上野さんが

田中とお口で分子交換しちゃったよぉ」

悶えるのであった

・・・女の子全身の匂いを嗅ぐと言う変態行動をなのに

田中がやると、変態行為に思えない(´゚д゚`)

鈍感の攻めって怖い(;^ω^)

 

相合傘

突然の雨に傘を持ってきていなかった田中

上野さんは新時代のアイアイ傘を披露する

おしゃぶりのような形をしたものを田中の頭に着けスイッチを入れる

 

上野さんはジョウロを取り出し田中にかける

田中は濡れることなく頭の上空に水を避ける重力壁が作られていた

上野さんは田中に発明品を褒められ上機嫌で

 

テーブルの上を歩いていたが

田中にかけた水の一部がテーブルを濡らしていた

足を取られ勢いよくお尻からテーブルに着地する

 

上野さんがお尻から着地した場所には

アイアイ傘2号が置かれていた

お尻を抑える上野さん

 

山下が現状を確認するために見てみると

間一髪のところでパ〇ツにめり込んでいるだけで済んでいた

・・・恐ろしい事件が起きてしまった(~_~;)

田中は上野さんの状況を見ても何も気づかず、なにがめり込んでるの!?と理解できないとか(;^ω^)

 

帰りの通学路、傘の無い田中は

上野さんのアイアイ傘に一緒に入れてもらい帰ることに

田中は上野さんの肩を掴み自分のほうに身体を寄せる

 

上野さんは驚き田中に抗議するが

田中が濡れるのはかわいそうだし

自分も田中の側にいることが出来ると

 

「分かったから手のけろ!」

「まったく」

嬉しさを堪え呆れ顔で言い

田中の方に頭を乗せピッタリとくっついて帰る二人であった

・・・上野さんが嬉しいのにそれを堪えて、まったくって言うのがかわいい(*´ω`*)

 

充電できるスパッツ

上野さんは日常動作の中で発生するあらゆる要素を電力に変換する

スパッツを開発する

田中のスマホの充電が切れ上野さんのスパッツで充電することに

 

上野さんは自分が履いているスパッツを田中にこすらせて発電させる

田中はたじろぐこともなく、しゃーなしといった感じに

やりやすいように椅子を用意して向かい合って座る

 

田中は上野さんの太もも部分のスパッツに触れ

奥に手を動かし擦るとスマホが充電される

上野さんは計画通りと恥ずかしさを堪え満足する

 

暇さえあればスマホをいじる現代っ子の田中

校内で充電できる場所は限られている状況での

歩くチャージスポット上野さん

 

田中は充電するため上野さんを求める

やがてはスマホから上野さんを渇望するようになると計画している上野さん

そんなことを考えている上野さんをよそに

 

田中はスパッツをこすり続けていた

充電速度がゆっくりだと上野さんに言うと

おおお前のパワーが足らんのだろ」

何かを我慢するような震えた声で答える

 

あっなるほど」

田中は両手で上野さんの両足の太もものスパッツをこすっていく

田中の容赦ないまさぐりに堪えられなくなった上野さんは

 

田中を両手でど突き

何 乙女の股ぐら まさぐっとんじゃ どクソ野郎!!」

自分からやらせておいて恥ずかしくなる上野さん

 

田中は充電が終わったスマホを取ろうと上野さんに近づくと

勘違いしてテンパった上野さんが

うわぁあああ またまさぐろうとしてるぅ!!!」

と慌てふためくのであった

・・・不思議なことにやっている行為はヘンタイ的なのに絵柄のおかげがエ〇くない!!

仕掛けて自爆する上野さんがかわいい(*´ω`*)

田中はもっと遠慮して(;^ω^)

 

まとめ

「上野さんは不器用」が面白い!

田中に想いを伝えるために、いろんな発明で気持ちを伝えようとするが

失敗に終わっていく上野さん!

自らの仕掛けで自爆して顔を真っ赤にして乙女全開になる上野さんがかわいすぎます(*´ω`*)

 

個人的にアイアイ傘の二人で寄り添って帰る後ろ姿がとても好きです(*´▽`*)

 

上野さんは不器用のレビュー終わり!!この辺で失礼します

※上が電子書籍バージョン下がコミックバージョン