理系が恋に落ちたので証明してみた。」が面白い(*´ω`*)

氷室と雪村の理系の二人がお互いの「好き」と言う気持ちを

証明するために実験を行うバカップルな二人のラブコメが面白い!!

 

現在5巻まで刊行中です

TVアニメ化も決定しています

※ネタバレ有り

スポンサーリンク

あらすじ


理系の最高学府・国立彩玉大学理工学部研究科の大学院1年生・氷室菖蒲はある日、同研究メンバーの雪村心夜に想いを告げる。しかし、理系である2人は恋愛感情を証明すべく、ほかの研究室のメンバーも巻き込んだ研究を開始する。理系が恋に落ちたので証明してみた。-Wikipedia


相手への恋愛感情を証明するためにイチャイチャしまくるお話です!

一言にまとめてみました(*´▽`*)

 

好きを証明しようとする理系

主人公である氷室菖蒲と雪村心夜の理系の二人が

お互いの恋愛感情を証明するために様々な実験を行い

「好き」を証明しようとするのが面白い(*´ω`*)

 

いつもの日常、研究室で氷室が雪村に告白をする

・・・私 貴方のこと好きみたい」

突然の告白に動揺する雪村

 

・・・・何?」

氷室は雪村からの返事を体を震わせ不安そうに待つ

・・・氷室お前は・・・聡明だし」

「良き好敵手だとも思って・・・いる」

 

・・・まぁどちらかと言うと好意を・・・持っていると」

「・・・言えなくもない・・・が・・・」

氷室は雪村の言葉が嬉しくて頬を染めポニーテールを

犬の尻尾のようにぶんぶん振り喜ぶ

・・・・ポニーテールどうやって動いてるの(´゚д゚`)!!

嬉しい時の氷室がかわいすぎる(*´▽`*)

 

だが雪村は立ち上がり

俺が氷室を好きかどうかは分からんまず」

「好きの定義は何だ?」

 

好きの定義をはっきりさせようとする雪村

何を証拠に好きだと判定したかを聞いてくる

その問いに氷室は

 

・・・そうね確たる証拠もなく”判定”するのは理工学専攻失格ね」

氷室の意見に乗っかってくる

雪村を好きであると判定した構成要素をグラフにして発表する

 

氷室の意見を聞いて好きを証明するために考え込む雪村に

見惚れて ぽーと見つめていた氷室

雪村は視線に気づき横を見ると氷室と目が合い

 

お互い恥ずかしくなり背を向けてしまう

恥ずかしさを誤魔化すために好きの証明の話に戻る氷室

夢に雪村が出てきたことで強く意識するようになったと提示すると

 

夢の中で俺と何があった?」

正確な情報を得るために内容を言わせる雪村

氷室は少し照れながら

 

・・・手を・・・繋いでたわ」

グラフに情報を書き足す雪村に詰め寄りネクタイを掴む氷室

雪村が先ほど氷室が夢に出てきたことがあると言う言葉を聞き逃さず

 

夢の中で私と何があったの?」

と問いただしてくる

雪村は顔を少し背け照れながら

 

・・・・手を繋いでいた」

共通項を見つけ議論を交わしていく二人

二人の恋はカメよりも進みが遅い

 

後輩の奏が研究室に入ると

氷室たちは好きを判定するための条件を編み出し

この恋0か1か証明するぞ!!」

一大研究が始まる

・・・とんでもなく恥ずかし嬉しい研究が始まる(*´▽`*)

自分たちがイチャイチャしてそれを好きなのかどうか証明するために

解明していくとか恥ずかしすぎるでしょ(#^.^#)

自分の気持ちをドストレートに相手にぶつけていくとか凄すぎる

 

お前のためなら嫌われてやる

奏の研究テーマが決まった聞きに行く氷室

パズルの要素があり数学パズルにハマっていてこともあり

最適化問題 辺りを研究しようとしている奏

 

高校生の時に数学パズルにハマった経緯を話していく

数学パズルの話をしてくれていた数学の先生を好きになり

構って欲しくて数学を勉強していたこと

 

好きな人と一緒にいるためなら何でも頑張れるなんて」

恋する乙女のいい話で終わるかと思いきや

雪村が奏の好きを定義付けする

 

奏の好きと氷室の好きの共通項を探し好きの照明をしよとする

雪村は奏に今まででの恋愛の詳細と構成要素を箇条書きにするように詰め寄るが

後ろから頭を氷室に思い切り叩かれる

 

何をする氷室ォ!!」

普通の人なら恥ずかしくて言えないと雪村に言うが

必要な情報だと食って掛かる雪村に氷室は

 

そうだけどがっつき過ぎ」

「だから友達いないのよ雪村君は」

雪村が嫌われてたり、遠ざけられたりすると氷室が言うと

 

雪村は氷室のワイシャツの胸倉を掴み

これで氷室の恋心がはっきりするなら」

「俺は幾らでも嫌われてやる!!」

 

雪村の男らしい発言と顔の距離の近さに顔を赤く染め

ポニーテールをぶんぶん振りながらそのままショートする氷室であった

ちなみに奏は二人が言い合っている間に逃げてます

・・・雪村はそんなセリフを恥ずかしがらずにカッコよく言えるよね(;^ω^)

ポニーテールがぶんぶんするのがかわいすぎるんですけど(*´▽`*)!!

 

頭を撫でる

雪村の心拍数計測実験を開始する氷室たち

通常時の心拍数と氷室とスキンシップをしているときの

心拍数の違いを見て好きの照明をしようとしていた

 

氷室は座っている雪村のひざの上に座り自分に触れるように言ってくるが

・・・何処をだ」

聞かれ氷室は

・・・頭?」

 

雪村は氷室の頭を撫でる

氷室は表情はいつも通りだが

ポニーテールがぶんぶんと揺れて喜んでいた

 

雪村は撫でるのをやめ頭から手を離すと

氷室は雪村の服の袖を掴み

待って」

「あと10分 計測しましょう」

 

目線を横にずらし照れながら雪村に延長を告げる

そこに年下と見間違える女の先輩

棘田先輩がやってくる

 

棘田は二人の今やっている恋愛実験に対し

それ対照実験した?」

ゲームをしながら問いかけてくる

 

雪村は棘田の言ったことに焦りを感じる

氷室は通常時の心拍数は測ったと伝えると

人間の方という棘田の答えに氷室は気づく

 

雪村が自分以外の女の子相手でも

ドキドキしてしまうのか否かの実験をしていないことに

棘田は雪村に歩み寄り至近距離まで近づくと

 

雪村の顔に手を添え

今から実験してみましょう?」

「雪村が氷室にドキドキしているのか」

「それとも女なら見境なく興奮してしまうクソ野郎なのか───・・・」

 

雪村は一番の焦りを見せ

棘田ッ・・・」

「貴様アアァァァァ!!!」

と叫ぶが実験は行われていく

・・・棘田がかき回していく(~_~;)

頭撫でられているときの氷室かわいすぎる!延長を要求するとかかわいすぎ(*´▽`*)

 

奏と棘田の頭を撫でることになる雪村

頭を撫でられることになった奏は心の中で

なんで私がこんな事を・・・

と最初は思っていたが雪村に頭を撫でられて

 

・・・あ でも雪村先輩の撫で方

意外に優しい・・・

奏は少し照れながら頭を撫でられる

 

棘田の場合は雪村から行くというより

棘田から頭をすりすりしてきていた

雪村が離れようとしても押さえつけられ

 

棘田ァァァアア!!!」

「貴様放せエェッ!!」

棘田にからかわれる雪村

 

実験が終わり雪村の心拍数を見ると

全員にドキドキして心拍数が高くなっていた

まさかの結果に顔面蒼白となる氷室

 

雪村君・・・本当に・・・」

「女なら誰でもいいの・・・?」

悲しみの目を向けてくる氷室に雪村は正直に言う

 

俺は女の近くに居ると緊張で心拍数が激増する」

ふんぞり返ってカッコよく言う

雪村は研究室に来るまで女と関わり合いのない人生を送っていた

 

棘田はそれを知っていながら氷室たちをからかい

好きの立証がどれだけ厄介な研究なのかを教えソファで眠りにつく

雪村は氷室に今までの交友関係のリストを見せ嘘をついていないと証明するが

 

別に嘘なんて思ってないわよ」

「じゃあ何怒ってるんだ」

「別に怒ってない」

 

眉を逆八の字にして

ふくれっ面な氷室と怒っている理由が分からず

必死に弁解する雪村であった

・・・女が近くに居ると心拍数が激増するってあんなにカッコよく言える人雪村以外にいない!

奏がなんだかんだ雪村に好意を持っているんだなってのが分かってほっこりした(*´ω`*)

氷室が自分以外の女の子でドキドキしたことにヤキモチを焼いているのかわいすぎ(*´▽`*)

 

まとめ

「理系が恋に落ちたので証明してみた。」好きを証明しようと

イチャイチャしまくる実験をする氷室と雪村が面白い(*´ω`*)

 

氷室もOKを出した実験とは言え他の女の子にドキドキした

雪村にヤキモチ焼いて拗ねる姿がかわいすぎ(*´▽`*)

色々定義付けしたり証明したりとするけど

感情で動いてしまうシーンがとても最高です

 

TVアニメ化が決定しているみたいなのでとても楽しみです!

 

理系が恋に落ちたので証明してみた。のレビュー終わり!!この辺で失礼します

※上が電子書籍バージョン下がコミックバージョン