「神眼の勇者」の漫画がおもしろい(*´ω`*)

ニートをしていた丸太真が女神アステナに異世界召喚されるが

クズなど不要と捨てられてしまうが

老婆を助けたことで女神リアナから「神眼」を授かり

神眼と丸太を使って異世界を生きていく物語がおもしろい!

 

原作は9巻まで刊行中です

漫画は4巻まで刊行中です

※ネタバレあり

スポンサーリンク

あらすじ


ニート生活を送っていた:丸太真は女神アステナに異世界に召喚されるが

「いらぬわ」と判断され捨てられてしまうが、その後 老婆を助けたことで

女神リアナから「神眼」を授かり、過去、未来と様々なものを見る力を手に入れる

神眼と丸太を武器に異世界で勇者として生き抜いていく───。


 

神眼と丸太で異世界を生き抜く!

神眼と丸太で異世界で主人公がおもしろい!

 

ニート生活を送っていたマコトは女神アステナによって異世界に召喚されるが

失敗したとクズなど不要と森に捨てられる

マコトは人のいる街や村を探すため歩きだす

 

一人の老婆が2日前から何も食べておらず

食べ物を恵んで欲しいとお願いされる

マコトはこれからどれぐらい歩くかわからないのに

 

貴重な食べ物をあげるのはと思っていたが

見過ごせないと食料を分けてあげる

老婆に町への道を教えてもらい

 

その場を去ろうとするが

町までおぶって連れて行って欲しいと老婆にお願いされる

さすがに人を背負って半日歩くのはと思っていたが

 

野垂れ死にしてしまうと言う老婆の言葉に

死なれたら困ると老婆を背負い町まで向かうマコト

マコトは老婆に女神アステナに召喚されたこと

 

いらないと捨てられたことを話すと

女神アステナへの悪口を言い出す老婆

だんだん口調も変わり出し

 

もういいわ おろしてちょうだい」

老婆の方を振り向くと老婆が美女に変わっており

私は”神々の目”を司る女神リアナ」

 

神眼の女神ととも呼ばれています」

リアナは自らの使徒に欠員が出たため

他人を思いやれる優しさと博愛の心を持っている者を探していた

 

食料を与えてくれた人は何人かいたが

背負ってくれたのはマコトが初めてだと

マコトに女神の力を授けようと言ってくるが

 

何か裏があるのではないかと考え込んでいると

1ヶ月の間 仮の使徒になるのはどうかと提案される

それならと右目に神眼の力を宿すマコト

 

過去、未来、自他のステータスなど様々な

能力を持つ神眼を手に入れ

ルーアの町までやってきたマコト

 

人口5人と神眼の力の目に見えていたマコト

人を探すため町の中を歩いていると

人を見つけ話しかけるがゾンビだった

 

なんとか逃げ丸太の積まれた場所で息を整えていると

神眼の力で過去の映像が流れ込んでくる

町の住人がどんどんゾンビになっていく映像が

 

過去の映像に気を取られていると

いつのまにか周囲をゾンビに囲まれていた

なにか武器はないかと探すマコトの視界に丸太が目に入る

 

某漫画にでも丸太を武器に闘っていたと思い

丸太を武器に振り回し、突き、薙ぎ払う

ゾンビを全滅させ残っている生きている人間5人を探しに行くマコト

 

誰か生きている人はいませんか?」

「ゾンビは俺が倒した!」

「多分全滅させた!」

 

大声で生き残っている人にように叫んでいると

本当にゾンビを全滅させたのですか?」

近くにあった井戸から声が聞こえてくる

 

井戸の蓋を開けると中には裸の女の子が3人いた

助けた女の子たちは末妹が高価な皿を割ってしまい

領主に命じられた罰で古井戸の中で一晩反省させられていた

 

彼女たちの服を取りに屋敷に戻り

残り二人の生存者を協力して探しに行く

まだ残っていた1匹のゾンビに恐怖する姉妹たち

 

マコトが丸太で一撃で倒し

最初より楽に倒せるなと思いステータスを覗いてみると

全体的に上昇していて職業が蛮族戦士となっていた

 

もしかして俺も野蛮人に見えてたりするのか?

ミリア、カチュア、マリーたちの顔をそーと覗いてみると

キラキラした表情でマコトの顔を見ていた

 

カチュアは「素敵・・・です」

マリーは「お兄ちゃんかっこいいの!」

ミリアは「勇者様・・・みたいでした」

私の・・・勇者様」

 

町の中を随分探したが誰も出てこない

他に探していない場所はないかと考えていると

ミリアが広場付近は探していないと

 

マコトがゾンビを壊滅させた場所に戻ってくる

ゾンビの中に臨月を迎えていた領主の妻がいた

生存者の一人は胎内にいると思い

 

マリーの持っていた包丁でミリアがお腹を裂こうとすると

まだ生きていた領主の妻が襲い掛かってくる

マコトが丸太で完全に息の根を止め

 

お腹の中の子をミリアが取り出すと

双子だった5人の生存者を助け屋敷に戻り

他の町にみんなで移動しようと準備する面々だった

・・・女神アステナは最低な女神だね(~_~;)

神眼の力が万能で強い!と思ったらそれ以上に丸太が強すぎる気がする(´゚д゚`)

高そうな剣のステータスが最高90止まりなのに

丸太は最高で590ってどんだけ強いの丸太(;・∀・)

 

デストロイヤー

ギルドで丸太を届ける依頼を受け向かうが

別のギルドが終わらせていてすでに依頼が完了されていた

早速依頼失敗と落ち込んでいると

 

数日中に追加依頼する予定とのことで

その時は指名してもらえることになったマコトたち

同じ冒険者のジェイク達も同じ依頼を受けに来ていて

 

被ってしまったと別の依頼を探しに行こうとするジェイク達に

一緒に依頼をしようと持ち掛ける

数日後、ジェイク達と共に丸太の輸送を馬車でする

 

マコトとミリア、カチュアたち

マコトがミリアの胸に気を取られていると

神眼の力で未来の光景が見える

 

ミリアが草の陰から飛んできた矢で撃ち抜かれる未来を

馬車を止めてもらい

今すぎに起こる未来視だったと

 

これから通る道の生い茂る草に目を向けると

草の中に潜む7人の男達が神眼の力で見えるマコト

最悪の未来を避けるために

 

先日魔法大学で覚えた魔法

アポートで懐に忍ばせていた石を移動させ

ストーンボムで石を爆弾に変え矢で狙ってくる男を含め

 

3人の盗賊たちを倒すマコト

残った盗賊たちが襲い掛かってくる

ミリアたちに馬車の中で隠れているように伝え

 

マコトは剣を持って盗賊のリーダーに背後から襲い掛かるが

痛ぇだろうがあぁ!!」

全く効いていなく反撃され剣ごと斬られてしまう

 

肩に傷を負うマコトを助けるため

ジェイク達が助けに入るが手も足も出ない

なにか武器を見つけて加勢しようとするマコトは

 

荷台に積まれた丸太を見てニヤリと口元に笑みを浮かべる

丸太を取りにその場から去ると

逃げたのか情けねぇ」

 

盗賊のリーダーに言われジェイク達も戦意を失ってしまう

盗賊のリーダーは自らの死を待つジェイク達を斬ろうとするが

「うおぉぉぉぉぉぉぉぉっ」

 

丸太を持ち走ってくるマコトの上段からの一撃で

剣を破壊し、カブトごと頭を潰して倒してしまうマコト

きゃあああああっ」

 

悲鳴が聞こえ、そちらを見ると

ジェイクの仲間の女の子2人が残りの盗賊3人に囲まれていた

盗賊の一人がリーダーに好きする許可を貰おうと振り向く

 

盗賊のリーダーが倒されているのを見て

敵討ちだと3人が一斉に襲い掛かってくるが

邪魔だ!」

 

丸太を一振りして盗賊3人を一撃で倒してしまうマコト

・・・で デストロイヤー(破壊者)・・・」

ジェイクの仲間の女の子たちが言い

 

やっぱり丸太はすげぇぜ!!

マコトは丸太の凄さを改めて実感するのであった

・・・丸太が凄いのは確かだけど

そこまで丸太を操れるマコトがおかしいんだと思う(´゚д゚`)

一種の兵器だよねマコト自身が!

 

ログマスター

聖なる杭が完成しているか工房に向かうおうとすると

ログマスター(丸太匠)レベル85のギースという

背中に十字の丸太を背負い仮面をした男が現れる

 

彼の発する異様な威圧感に震えるミリアたちを守るため

彼女たちの前に一歩踏み出すマコト

ワシの闘気を受けながら足が前に出るか」

 

感心し闘気を引っ込めてマコトに

宿屋と木工師の工房を聞いてくる

場所を教え去っていくギースのステータスを覗こうとすると

 

ギースの影から女の子が現れ文句を言ってくるが

ギースに怒られ影の中に帰っていく女の子

一瞬見えた女の子の表示に吸血鬼と書かれていた

 

驚いているとギースに

今見たことは内密にしてくれんか?」

と言われ了承して工房に向かうマコトたち

 

聖なる杭は出来ていなかったが

試作品の聖なる丸太杭があり

あれでよければくれると言うので

 

ぜひ頼む!」

聖なる丸太杭を貰い工房の裏手で

丸太を振るっているとギースが現れ

 

・・・大した才だ」

「師は誰だ?丸太を振るって何年になる?」

と言われマコトは

 

丸太は一週間前から・・・師匠はいません」

ギースは驚き逸材が見つかったことに喜ぶ

マコトならユグドラシル流・ログ・バトルスキルの最終究極神技をと

 

我流では限界がくるとギースはマコトから丸太杭を借り

「刹那五月雨 丸太突き・滅っ」

超高速の突きを繰り出し

 

真・光速 丸太突きっ!!!」

速すぎて光りにしか見えない突きを目の当たりにしたマコトは

丸太戦闘術を教えてくれると言うギースに

 

よろしくお願いします!」

弟子入りするのだった

・・・ログマスターのギースがかっこいい(*´▽`*)

超高速で丸太を作ってヤバすぎるし丸太戦闘術ってなに

丸太に特化しすぎだよ!!

 

キス

吸血鬼退治のために吸血鬼が住む屋敷に向かう途中

クソ野郎(勇者):アベルが道中で待っていた

マコトは未来視でアベルがミリアとカチュアに

 

時間停止の能力を使いセクハラ行為をする未来が見えた

胸くそ悪い未来を変えるためマコトは

ミリアとカチュアを両腕で抱きしめると

 

カチュアにキスをし

マ・・・マコ───・・・」

言ってくるミリアの胸を触り

 

アベルがしようとしたことを自分が行うことで

アベルは立ち去り未来を変えたマコトは

突然ごめん」

 

理由を説明して謝る

カチュアは満足していたがミリアは

マコト様 来てください」

 

馬車の中に連れていかれるマコト

さすがに怒っているのかと顔を青くしていると

ずるいです」

 

私にも・・・キス・・・してください」

手を握り合いキスをする二人だった

・・・アベルは本当に最低の勇者だね(~_~;)

早く悪と善で別れていいアベルになってほしい

マコトは助けるためなら躊躇しないね色々と(#^.^#)

 

まとめ

「神眼の勇者」の漫画がおもしろい!

神眼の力が便利すぎる!最悪の未来を回避することができ

相手のステータスやアイテムのステータスまで見れてしまう

 

丸太を武器にした戦闘方法まであり丸太が強すぎる

しっかり扱えるマコトもヤバすぎる!

意外にシリアスなシーンも、ちらほらあり良いです(*´▽`*)

 

神眼の勇者のレビュー終わり!!この辺で失礼します

※上が原作ラノベ下が漫画